コンサル転職不安~日本企業で30前半まで働いて、外資系コンサルで通用するのか?

コンサル転職不安~日本企業で30前半まで働いて、外資系コンサルで通用するのか?

30で事業会社から転職すると、新卒コンサル・アナリストからの突き上げが不安なものです。役割が違うのだと割り切り、クライアント側を見てきた強みを活かしましょう。

コンサル転職不安日本企業で30前半まで働いて、外資系コンサルで通用するのか?

約10年前、ストロングキャリアセミナーに参加した学生さんは今や30前半になっているわけだが、彼ら、彼女たちがこのサイトに繰り返し訪問し、マンツーマンセミナーを受けに来る人が多いことに驚いている。


丁度昨日、グローバル進出で有名な日系企業大手で長年働き、海外駐在と留学も経た後、仕事がつまらなくなって某米系コンサルファームに転職する30歳の男性の話を紹介しよう。


ずばり、彼は「新卒からコンサルやってきた人からの突き上げ」が怖く、なじめるか、すぐ付加価値出せるか、心配」だというのだ。


この「事業会社で長らく働いて初めてコンサルや金融に来ましたが、後輩の方が詳しいだろうから心配」問題は、多くの30代前半の業界初心者が抱く心配である。なんといっても新卒で入る人は地頭採用が多いので基本的にスペックが優秀な人が多い(最近は大量採用のために、この意味でのクオリティも落ちて来てはいるが、それでも最高水準の人材が集まるのは間違いがない)。


おまけに、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける