外資金融セールス志望からの質問!「適正とやりがい、どちらを優先すべきか?」

外資金融セールス志望からの質問!「適正とやりがい、どちらを優先すべきか?」

仕事を選ぶ上で、「やりたい仕事」と「自分に合う仕事」がマッチしないことがよくあります。適正とやりがい、どちらを優先するかは、キャリアを決める上で非常に重要で難しい問題です。

東京大学農学部Mさんより質問

私は今、外資金融のセールスにとても興味があります。それは以下の理由からです。

1、周りに優秀な人が多く、また若い内から大きな仕事を任されるので、成長スピードが早い。
2、インセンティブ重視の給与形態となっており、結果を出せばその分返ってくるので、モチベーションが上がる。
3、私は人と会ったり、話したりするのが好きなので、接待なども苦ではない。むしろデスクワークより、そちらの方が良い。

しかし、「やりがい」という観点で見たとき(「やりがい」をどう定義するかによるが)、企業再編に貢献し、多数のM&Aを手がけるIBDや、企業に向けてコンサルティングを行い、実際に企業を成長させる戦略コンサルなどの方が感じられるのではないかと思ってしまうのです。

例えば、徹夜などが続き、体力の限界が近づいたとき、「自分は日本経済あるいは世界経済に貢献しているんだ」という気持ちがあれば、頑張れる気がします。

セールスも勿論、経済に貢献しているのですが、業務上感じにくいと思うのです。自分には性格上セールスが合っていると思うのですが、自分に合っているというだけで選んでしまっていいのかどうかお聞かせください。

講師からの回答: 結局は自分が楽しいか成長しているかが重要~自分の仕事選択の軸と、現在の優先順位次第

端的に申しまして、ご自身の仕事選びの軸と現在の状況によりけりです。確かに株式営業は頑張って”資本市場で適正価格のマーケットメイクを通じ、将来性のある企業の資金調達を助けている!”とかなんとか言い張ろうと思えば言い張れますが、たいていは単に株の右から左への横流しで、ゼロサムゲームの仲介役という虚しさを感じる人もいるでしょう。

しかしコンサルにしても”実行されない提言で終わる”と虚しさを感じる人もいますし、投資銀行部門も”不要な資金調達や、不要なM&Aで価値を破壊している上、不要な雑務が多すぎる”とそのやりがいに疑問を抱く人はいるものです。

「仕事のやりがい」は大それた社会貢献以前に、”そもそも自分は楽しくて幸福ないし将来につながるか”を起点に考える方が大切だと私は思います。

得意だというだけで、仕事を選んでよいのか?

自分に合っているというだけで仕事を選んでいいのか。これは”自分に合っている仕事”選別の基準にもよりますが、あなたの場合は”自分の適正を鑑みて、強みを発揮できる”ということでしょう。選んでいいかですが、これもあなた次第です。つまり仕事を選ぶ基準は人によって違うからです。

例えば東洋経済新報社から出ている名著「最強の働き方」では、仕事選びの基準として「好きなこと」x「得意なこと」x「需要のあること」の掛け算が提唱されていますが、この中の「得意な事」だけで選んでよいのかという質問に置き換えられます。

仮に、あなたが好きな事や需要があることを、趣味や既に有している家の資産で代替できるなら、別に仕事を”得意なこと”だけで選んでも何の問題もないでしょう。

また、今の優先順位がとにかくお金を稼ぐことであれば、得意なことx需要のあることの2基準が優先するでしょう。

仮に稼ぐ必要もなく、活躍する必要もなければ、「好きなこと」の一点で選んでもかまわないでしょう。つまるところご自身の状況と、仕事選択の基準によりけりなのです。

中には、仕事内容よりも一緒に働く人を尊敬できるかどうかが重要、という仕事選びの軸も大いにあり得るのです。もちろん相談文の中で述べられた、頑張れば頑張っただけ報酬に跳ね返ってくるインセンティブシステムが重要という方もいらっしゃることでしょう。

結局は自分にとっての仕事選択の軸と優先順位に納得することが重要であり、これは他人のそれと比較しても意味がないのです。

20代、30代で総じて仕事選択基準の優先順位は変わってくる

なお、仕事の選択の軸と優先順位は総じて固定的なものではなく、人生のステージごとにダイナミックに変わるのが自然です。

よくあるのは、20代前半は別に向いてなくても修行の年なので、自分が興味のある方向性の中で成長曲線が一番高い仕事を選ぶというパターンです。

ただ30代になってくると自分の強みを発揮しないと生き残れないので、それまでに積み上げた経験と強みと自己認識の深さを生かして、本当に自分が好きなものを選ぶ、といったイメージでしょう。

ただこれも、人の価値観によっては”人生短いんだから、一寸たりとも楽しくない仕事はしたくない”という人もいますし、重ね重ね個人の価値感次第でしょう。

自分の適性を知る「自己認識」が深いことが大切

貴方がよいのは、自分の強み、適性を若くして理解していることです。貴方のように対人関係構築力と感じのよさを美徳とし、特に自分で企業分析したりレポート書くことに興味の無い人は、確かに株式セールスで実力を発揮なさるのも良いかもしれません。

ただし自分こそ賢いんだ、自分の意見を世間に広めたいんだ!みたいなタイプは、アナリストがつくる、往々にしていまいちなレポートを投資家に伝えるというこの仕事がむなしくなるので、その点注意しましょう。

ちなみに性格的な面で付け加えると、セールスには謙虚な人、可愛げのある人(少なくともそう振舞える人)が多いので、この点も考慮しておきましょう。(そして不況も会社で乗り切れる人は、社内政治に長けた人なのです。)

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69