日系投資銀行から外資系投資銀行への転職を考え始めた時、絶対意識すべきこととは?

日系投資銀行から外資系投資銀行への転職を考え始めた時、絶対意識すべきこととは?

野村や大和、みずほといった日系投資銀行から、ゴールドマン、モルガンスタンレー、UBSなど外資系投資銀行への転職を志すとき、実は転職後後悔する人も数知れません。中でもやはり大きいのは、「仕事は好きなのに、クビになってしまった」というもの。そもそもこの仕事が好きで長らく携わっていたい場合、たかだか30%の(短期的に終わるかもしれない)昇給の為に転職することは、リスクリターンバランスが必ずしも良くありません。また金融業界自体が大きな転換点にある今、30代前半は、業界を自発的に変える最後の機会です。

日系投資銀行から外資系投資銀行への転職を考え始めた時、絶対意識すべきこととは?

外資金融は、入ることより「居続けること」の方が、よっぽど大変

長時間労働を基本とする投資銀行を志望する者にとって、強みと求められている能力のズレは入社後の自分にとって致命的である。

そもそもそのような風潮を感じる理由は、単に外資金融投資銀行部門に入ることが目的になっている人が多いことにある。

よく就職は結婚に例えられるが、結婚すること以上に、結婚後の生活を維持することの方が大変というのは、就職も同様である。

業務が好きで、お金は二の次なら日系に居続けよう

まず第一に、日系だと、向いてなくてもクビにならない。この甚大な有難みを噛みしめよう。外資系金融機関は向いていなければ即クビ、向いていても政治闘争ですぐにクビになる環境だ。外資金融に入って向いていなかったときのリスクを取れるかどうかをよく考えなければならない。

野村や大和から外資証券転職相談に当セミナーに訪れる人が多いが、下手したら数年で解雇されて金融キャリアが終わりかねないこと、社内政治で解雇されるリスク、日本撤退でチームごと吹き飛ぶリスクを考えても、ご自身が求めるキャリアのリスクリターンバランスを冷静に考えたうえで志望されることをお勧めしたい。

第二に、上記と関連するが、この仕事が...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける