日系投資銀行から外資系投資銀行への転職を考え始めた時、絶対意識すべきこととは?

日系投資銀行から外資系投資銀行への転職を考え始めた時、絶対意識すべきこととは?

野村や大和、みずほといった日系投資銀行から、ゴールドマン、モルガンスタンレー、UBSなど外資系投資銀行への転職を志すとき、実は転職後後悔する人も数知れません。中でもやはり大きいのは、「仕事は好きなのに、クビになってしまった」というもの。そもそもこの仕事が好きで長らく携わっていたい場合、たかだか30%の(短期的に終わるかもしれない)昇給の為に転職することは、リスクリターンバランスが必ずしも良くありません。また金融業界自体が大きな転換点にある今、30代前半は、業界を自発的に変える最後の機会です。

日系投資銀行から外資系投資銀行への転職を考え始めた時、絶対意識すべきこととは?

外資金融は、入ることより「居続けること」の方が、よっぽど大変

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング