実は結構暇で自由?コンサルティング業界転職後の忙しさと、景気後退時の影響とは?

実は結構暇で自由?コンサルティング業界転職後の忙しさと、景気後退時の影響とは?

戦略コンサルティングファームの現状と今後についてまとめました。質問への回答をまとめると、①実は結構楽 ②景気が悪くなってもそれなりに仕事が多いので、金融に比べミドルリスクミドルリターン (ただし景気後退時にコンサル予算が減るのは事実)です。

◆Question (東京大学教養学部 Iさんより質問)

私は、外資系コンサルティング会社への勤務を希望していますが、それに関して、2点確認したいことがあります。一つはスケジュール、今ひとつは経済状況とコンサルタントの相関性です。

まず一点目は、所謂仕事の厳しさについてです。証券会社などは、四六時中動き続けるマーケットについていかなければならないため、睡眠時間が極端に少ないなど、容易に想像できます。一方で、コンサルタントは、自分が関わって いる案件の山場の時だけ徹夜が2日3日続くというような「甘い」イメージしかもてません。私はある程度規則性をもって生活できるならば、睡眠時間が少なくなっても働いていける自信がありますが、実情を教えてください。 

次に、経済状況とコンサルタントの仕事量についてです。一般に、コンサルティング代は、 非常に高く、企業にとって大きな負担になると考えられます。特に今日のような、金融危機に際した、長期的な不況が想定される場面では、勿論この不況を勝ち抜いていくために、多少の費用を払ってでもコンサルタントを雇う会社も存在するかもしれませんが、私は多くの企業が、コンサルタントの利用を控えるように感じます。この点に関して、実感などありましたらご教授ください。

◆Answer 

何を基準に厳しいとするかですが、コンサルの仕事は楽しいですし(これは私に向いていたからですが)、プロジェクトの合間に結構長い休みをとれますし、トップファームの一角であればそうブラックではありません。

プロジェクトの合間などは暇な時は本当に暇で、出社時間も多くの会社で10時(ないし更に遅く)出社が許されていることもあり、総じてカチカチの日本企業よりもプライベートの時間はとりやすいです。

最近は優秀な若手コンサルタントを採用し、リテインするために、コンサルタントのワークライフバランスも、随分よくなりました。これはロンドンなど欧州オフィスで顕著で、マッキンゼーなどで東京からロンドンに移った...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける