コンサル・外銀の選び方の基本~目的別「比較軸」の違いとは?

コンサル・外銀の選び方の基本~目的別「比較軸」の違いとは?

各社の違いは何か?何を軸に違いを考えるのかは、将来のキャリアアップを軸にするのか、仕事への満足度を軸にするのかで、変わってきます。

キャリアインパクトは、トップティアかセカンドティアかで大差がつく

なぜか投資銀行とコンサルを一緒に聞かれることが多いのですが、各社の違いというより、各業界のグループ間の違いのほうが意味ある比較になるでしょう。

つまりトップティアのMBB(マッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ、ベインアンドカンパニー)、次にくるStrategy &、ATカ―ニー、ローランドベルガー、アーサーディーリトル、LEK, また会計事務所グループ傘下のいわゆる総合系、デロイト、PWCといった、グループ間の比較です。

投資銀行で言えばゴールドマンが抜けていて、次にバンクオブアメリカメリルリンチ、モルガンスタンレーといった銀行資本が入っているグループ、欧州系かつ銀行系のバークレー、UBS,クレディスイス、HSBC, などなどのグループに分かれます。

ズバリ、将来のキャリアへのインパクトという意味で最も大切なのは、トップティアかどうかにつきます。MBB(マッキンゼー、ベイン、ボストンコンサルティンググループ)はグローバルにトップティアと認知されていますし、失礼ながらそれ以外の会社は、「あ、トップティアに入れなかったのね」と思われがちです。

コーポレートの世界では、「マッキンゼーを雇って首になった担当者はいない」ということわざみたいなものがあります。これは、コンサルティングサービスや金融サービスのように目に見えないサービスは、「ここをやとってだめだったら、仕方ないでしょ」といえるお墨付きみたいなものが力を発揮するという意味です。

投資銀行に関しても、やはりゴールドマンサックスが幅広くトップティアと認識されています。もちろん、個々人の資質でいえばバークレーズだろうがモルガンスタンレーだろうが、同じように資質の高い(一定の側面に限った話ですが)人がいますが、トップティアのブランドとして最も成功しているのがゴールドマンであり、人材獲得および顧客獲得で、優位な位置にいるのは確かです。

ただし仕事の満足度・幸福度は、職場・ヒトとのフィットで決まる

さて、ここまである種ありきたりのことを書いてきましたが、大切なのはどのような軸でご自身が会社を選ばれるかです。業界が同じで、部門が同じだと、やること自体はほぼ同じです。

仮に軸を「その職場で満足度・幸福度が高いか」に変えれば、重要なのは会社のブランドや何をやっているかより、そこで働いている人とのフィットに尽きるからです。

逆に言えば、「人とのフィット」を見極められるよう、面接や選考プロセスに限らず日ごろから1時間程度の会話で相手の本質、神髄を見極められるよ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング