就活面接で緊張しないための、たった3つのシンプルな重要な心掛けとは?

就活面接で緊張しないための、たった3つのシンプルな重要な心掛けとは?

新卒の面接は、最初は緊張するものですよね。そんな時、どうすれば無駄に緊張せずに済むのでしょうか?マッキンゼーのパートナーを馬鹿だと思うにも無理があるし。。相手をカボチャと思えって言われても、毎日ハロウィーンじゃあるまいし。。でも安心してください. 誰だって最初の面接は声が上ずり、頭が真っ白になり、的外れなことを早口でまくし立ててしまうものなのです。以下では面接を受ける側、また面接で人を採用する側で数千回の面接をこなしてきた弊社講師が、回答します。

就活面接で緊張しないための、たった3つのシンプルな重要な心掛けとは?

エントリーシートやエッセイであれほど魅力的で会ってみたい、と思わせた貴方も、いざ面接になるとカチカチになってしまう。

変な上ずった声で、一文節ごとに長すぎる間を入れながら、選挙中の政治家みたいな演説を一席ぶってしまったりする人も少なくない。

焦った自分の声を聴いて更に焦りが強くなり、頭の中は真っ白だ。

我ながら何を言っているかわからないくらいだから、相手もさぞかし、自分が何言ってるかわからないことだろう。

以下では就活面接初期にありがちな、”面接で緊張して本来の自分を出せない問題”を解決する、シンプルな3つの基本を解説しよう。

面接も、自然な会話で~変な演説をぶたないこと

面接でリラックスするために第一に重要なのは、単なるコミニュケーションであることを忘れないことだ。

“これは所詮普通のコミニュケーション。相手を貴方の人生を左右する一大権力者として過大評価するのではなく、かといって空の虚勢で自分を過大評価するのではなく、常識と知性ある大人同士の、普通の会話を心がけよ”(当然年下学生としての立場を踏まえながら)とお伝えしたい。

ただし、これは面接官の力量によるところも大きい。いまいちな面接官は不当な圧迫面接で今どき相手を下手に緊張させ、相手の自然な巡航速度でのインターラ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング