コンサル転職相談:投資銀行・コンサルは本当に激務か?

コンサル転職相談:投資銀行・コンサルは本当に激務か?

激務というイメージがつきまとう投資銀行・コンサル業界。激務が不安で就職をためらう学生も少なくない。実際の業務は本当にイメージ通りの激務なのか、外資コンサル所属講師に実情を伺ってみた。

大阪大学基礎工学研究 男性 Nさんより質問

私は理系出身で、大学の先輩や友達の多くはメーカーや技術職に就職します。そのような仕事はしんどくないとは言いませんが、コンサルなどの金融業に比べたらまだましだと聞いています。

しかし私は若い内に自分の寿命を削るくらい働きたいと思っており、そういう観点からも戦略コンサルを志してきました。

しかし、もしかしたらその大変さは私の想像以上かもしれず、その場合やはりメーカーに行けばよかった、と後悔してしまう可能性もあります。

そうならないようになるべく情報はたくさん集めるようにしているのですが、やはり生の意見を聞いてみたいです。

コンサルに入る前に予想していた仕事の大変さと、実際にしてみた後での大変さにはどこか違うところはありましたか?また、その違いに絶望し、転職や退職を考えたことはありますか?

講師(大手外資コンサル転職経験者)による返答

コンサルのワークバランスは劇的に改善している:プロジェクトの谷間は実は結構休める

コンサル転職後の生活は、皆さんが思っておられるほど、激務ではないです。私もコンサル転職前は毎日9時から深夜の2時まで、、という生活を予想していましたが、開始時刻は実は10時出社ですし、21時ころに帰れることも多いですし、最近では自宅でフレックスで働くことも許容されることも多いです。

勿論プロジェクトの詰めの時などは深夜に労働も及びます。また休暇中であろうと週末であろうと、何かとやらなくてはならないこと、もっといえば自然と”もっとやりたいこと”が出てくるので、プロジェクト期間中は公私の区切りがなくなることも多いでしょう。むしろ、休む間も惜しんでベストの解を探すことに熱中できる人でないと、コンサルとして適正は弱いと言えるかもしれません。

ただ質問への回答に戻りますと、一言で言って”思ったより休みやすい”ことに驚かれるかもしれません。コンサル転職前の激務覚悟に比べたら、各段に働きやすく、生きやすい環境です。

もちろん、世の中には休暇の多い職業はたくさんあります。ちなみに今、私は北米の大学で教鞭をとる親族を訪ねてきていますが、この平和で悠久の時を感じさせるストレスフリーな以下の生き様に、ある種別世界の憧れを感じます。

週に3日、2コマ教えるだけで、夏と冬は2ヶ月ずつ休み。月給もIBの若手アナリストくらいは貰っています。豊かな緑とインターナショナルな空気にはぐくまれ、すくすくと幸せな人生が流れているのです。

このような”安み放題の大学教員生活”に比べたら、休暇は少ない方でしょう。しかし、あなたが質問の中で書かれておられるよう”寿命を削ってまで働きたい”という覚悟が必要とされるような激務かと言えば、そうではありません。

では、同じく激務で知られる外資系投資銀行転職後のワークライフバランスはどうでしょうか。

投資銀行も、部門によっては、実は休暇も多い

外資金融転職後も激務かと思われがちですが、これも部門によりけりです。

バイサイドアナリストは一般に、セルサイドに比べてワークライフバランスは劇的に楽ですし、セルサイドでも株式セールスや、一人でカバレッジを任されるようになったアナリスト、トレーダーなどに関しては、日本企業のたかだか年一週間という恐ろしい休暇スケジュールに比べたら、たっぷり2-3週間は休みがあります。

特に皆さんには知らされていませんが、セカンダリーマーケットでの投資銀行業務は、たとえば機関投資家が夏休みにはいる8月などは2-3週間たっぷり連休をとれることも多いのです。

社内ルールで二週間の連休を義務付けている会社だって存在します。

またコンサルもアサインされているプロジェクトの谷間に、1-2週間休みを取ることは頻繁であったし、開始時刻も10時から、というのが一般的です。よって夜遅くまで夜更かしして遊ぶことも不可能ではありません(意外と緩い、と感じることも少なくないのです)。

とにかく、上に挙げた特定の職種以外はそう恐るに足らずだ、と言っておきましょう。

日系企業のほうが、よっぽど雑務に忙殺される仕事が多い

むしろ何分の一かの給料で朝早くから夜遅くまで、セクレタリーのアシスタントをつけてもらうこともなく雑務に没頭する、日系企業の若手もたっくさんいるのが実態だと申し上げたいです。

コンサル転職を考えられる際は、激務かどうかはその基準がそれぞれどこにあるか個人差があるので一般化は出来ません。ただ相談者様が仰るような”命を削ってでも働く”という覚悟が、仮に9時5時で、フランスのように有給休暇40日とかでなく、一般的な日本企業の多忙さないし投資銀行などを比較基準に置かれているのでしたら、”コンサル転職後激務説・恐るに足らず”と申し上げたいと思います。

しかしながら冒頭でも申しましたが、コンサル転職は、「プロジェクト期間は公私の差なく、ベストのソリューションを見つけ出すために、また提案内容をさらに改善するために寝る間も惜しんでさらに調査し、考えることが好き」、という傾向を持つ人の方が、コンサルとしての適性は強く、活躍する蓋然性が高い、と念押ししたいと思います。

Strong Career
無料キャリア相談を受付中!!
御名前
メールアドレス
ご質問内容

こんな記事も読まれています



「コンサルキャリア相談」の詳細カテゴリ
13bb8176 5788 41b1 91f2 adfdb74158a9 0753c353 91ab 4e47 810b 8089d05b2d5e 674d1797 8a1a 464f 84ef e1ce9a83c210 Ac290221 6ac6 4d76 80cb d7bcbbafadec C1a64806 13eb 458e 96b1 c1f12cddc169 A1f73e57 79b2 440f 8ad1 aa4c1c84b1f4

連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69