投資銀行・コンサルは実は激務ではない?入ってビビった休み過ぎ3大ポイント

投資銀行・コンサルは実は激務ではない?入ってビビった休み過ぎ3大ポイント

激務というイメージがつきまとう投資銀行・コンサル業界。激務が不安で就職をためらう人も少なくない。しかしいざ入ってみると、IBDを除き実は日系企業よりもよっぽど休暇が多いことに驚かれるかもしれない。実は自由時間が多い3大理由について、解説する。

大阪大学基礎工学研究 男性 Nさんより質問

私は理系出身で、大学の先輩や友達の多くはメーカーや技術職に就職します。そのような仕事はしんどくないとは言いませんが、コンサルなどの金融業に比べたらまだましだと聞いています。

しかし私は若い内に自分の寿命を削るくらい働きたいと思っており、そういう観点からも戦略コンサルを志してきました。

しかし、もしかしたらその大変さは私の想像以上かもしれず、その場合やはりメーカーに行けばよかった、と後悔してしまう可能性もあります。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける