外資系投資銀行に転職後の年収とは?激務の投資銀行業務の対価は、一体幾ら?

外資系投資銀行に転職後の年収とは?激務の投資銀行業務の対価は、一体幾ら?

投資銀行残酷日記の時代は今や昔。IT業界、ユニコーン企業の急速な待遇向上に伴い、伝統的奴隷環境も改善が進んでいます。以下では、投資銀行奴隷待遇改善の3大ポイントを纏めます。

外資系投資銀行に転職後の年収とは?激務の投資銀行業務の対価は、一体幾ら?


昨日、某大手米系投資銀行で数年目の若手の後輩と話したのだが、待遇改善に目を見張る。


第一に、シニアの給料は規制強化で下がっているのに、人材不足を反映して下っ端アナリストの給料が上がっているのだ。初任給のベースサラリーは900万に上がっており、サインアップボーナスを含めれば1000万水準となる。(ちなみにトレーダーなどのマーケットサイドでは初年度からパフォーマンスによってはボーナスも高いので、いきなり1500万スタートになったりする。)


二年目でボーナスにベースの100%とれれば(まぁ、そういう環境でなくなってきているが)、社会人2年目で年収が2000万水準になる。これは、有力IT企業やユニコーンベンチャーが1000万、2000万積んで有能な人材の採用に乗り出していることの結果であろう。


第二に、労働時間の短縮も目覚ましい。ちょっとまえに労基の査察が入ったとかで、月間残業時間が45時間にキャップされているというのだ。この業界で月間残業時間45時間て、ほぼありえない短さなのだが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける