外資金融、早期クビがマシな理由?~頑張る人4パターンと首になって迷走3パターン

外資金融、早期クビがマシな理由?~頑張る人4パターンと首になって迷走3パターン

外資金融は、向いていないなら早く辞めるか解雇されたほうがいいと、御存じだろうか。悲惨なのが何とか頑張って、向いてないのに激務に耐えて30半ばまで働き、まだ大儲けしていないのに解雇され、潰しが聞かないスキルと潰しが聞かない年齢になっているパターンである。どうせ解雇されるなら、20代早めに早々に解雇されるのが望ましい。その理由を解説する。

外資金融、早期クビがマシな理由?~頑張る人4パターンと首になって迷走3パターン

さて、とにかく外資コンサルに入りたい、外資金融に入りたいという人々に、“長期的なキャリアビジョンを考えたら、貴方にあってないのでは、、”等といっても、おそらく聞く耳を持たないことであろう。私も昔はそうであった。

しかし多くの外資系ファーム、ファンド、インベストメントバンクを渡り歩き、そろそろディレクタークラスののお年頃になった結果、同期で投資銀行部門に入った人々を見渡すと、その向き・不向きを痛感することが多い。本コラムのメッセージは、”向いてないなら、早めに認めて再起できるうちに転職しよう”ということである。

外資金融転職後、とにかく頑張る人の4大パターン

 向いている人の特徴は、まずその仕事が好きで仕方ないパターンだ。香港マーケットでデリバティブトレーダーとしてボーナス4億でも文句を言っている私の親友。そのまま香港のJPモルガンからボスと一緒に独立してヘッジファンドをつくったかと思えば、あれよあれよという間にファンドサイズが大きくなり、今ではアメリカの公的年金を預かりビリオンダラーファンドを運用している者もいる。
 彼らは一回10万円近くはらう高級クラブにいってもひたすらブルームバーグで投資先の価格変動ばかり見ていて、しかも週末だろうが祝日だろうがそんなことばかり、嬉々としてやっている。つまるところ、プライベートの息抜きより仕事の方が好き...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける