外資企業、向いていないのに長居してはダメ~向いてない人への面接対策は、犯罪!

外資企業、向いていないのに長居してはダメ~向いてない人への面接対策は、犯罪!

外資コンサル・金融は人気就職先である。しかし、そのキャリア面しか見ないことで失敗することも多い。外資は実は実力よりもフィットするかどうかが重要であり、向き不向きが分かれる。

コンサル・金融への適性は、頭の良しあし以前に”フィット”の有無が大切

さて、とにかく外資コンサルに入りたい、外資金融に入りたいという人々に、“長期的なキャリアビジョンを考えたら、貴方にあってないのでは、、”等といっても、おそらく聞く耳を持たないことであろう。私も昔はそうであった。

しかし多くの外資系ファーム、ファンド、インベストメントバンクを渡り歩き、そろそろディレクタークラスののお年頃になった結果、同期で投資銀行部門に入った人々を見渡すと、その向き・不向きを痛感することが多い。本コラムのメッセージは、”向いてないなら、早めに認めて再起できるうちに転職しよう”ということである。

コンサル・金融入社後10年後に見える、大きな差:向いてる人は、出世も早い

香港マーケットでデリバティブトレーダーとしてボーナス4億でも文句を言っている私の親友。そのまま香港のJPモルガンからボスと一緒に独立してヘッジファンドをつくったかと思えば、あれよあれよという間にファンドサイズが大きくなり、今ではアメリカの公的年金を預かりビリオンダラーファンドを運用している者もいる。

ゴールドマンから某大手ヘッジファンドを渡り歩き、ミッドタウンの200平米の部屋に、大学時代は全然もてなかったのに金の力で東京中のモデルと合コン三昧のゼミの友達。社内闘争に敗れ解雇されたものの、もともと腕前はあるので独立し、小型ディールを数人で回してこれまた毎年数億稼いでいる。

投資銀行部門から某大手米系プライベートエクイティファームに移り、ディールは無いものの比較的悠々自適なバイサイド生活を送る元テニス部のハンサムボーイ(ちなみに嫁さんは大学一の超美人)。サラリーマンとはいえ年収5000万を安定的に貰い、たまにキャリー(成功報酬)で稼ぎ、とんとん拍子で出世している。

あるいは、一つの投資銀行に長らく勤め上げ、今ではディレクター/MDとして各投資銀行の中核を担うようになった同僚たち。30中盤だと、コンサルファームに10年以上勤めあげて、パートナークラスになっている者もいる。

向いていないのにコンサル・金融に長居して、転落キャリアを辿る人々

着々とキャリア&年収アップを果たしていく成功事例をよそに、失敗した人たちの末路はそれはそれは悲惨である。転職するたびにレジュメは着実に悪化していき、行きつく先はフルコミッションベースの、販売ありきの謎の金融商品のセールスになっていたりする(友人関係を食いつぶして、怪しげな商品を売ろうとしてくる)。

一年目のドットコムバブル崩壊で瞬く間に放り出され、なんとかサードティアのコンサルファームに滑り込みセーフ。

2014年から2015年初頭のマーケット回復期に欲を出して投資銀行に返り咲いたものも、又しても上司と反りが合わずに実質指名解雇に等しい早期退職に追いやられた後、失業保険を貰いながらこっそりバイトに精を出しているが、月々の給料が投資銀行一年目時代のそれより低いこと以上に、まだ30そこそこなのに将来のアップサイドの展望が見えないのが苦しい。

他にも、今回のサブプライムバーストで外資金融を放り出され、何とか半年後に少しレベルが落ちるがまずまずの大手英系金融に拾われたものの、そこのファンドのパフォーマンスが芳しくなく、3ヵ月後には又してもブルームバーグで音信不通(=解雇)になっている人もいる。

あろうことか、嫁さんも二人の子供もいるというのに!!(ちなみに、金と経歴目当てで結婚されている場合、退職パッケージが離婚慰謝料に早変わりする)

ともあれ、向いてないのにコンサルや金融に長居する人は、「自分よりこの仕事を上手くできる人がたくさん世の中にいるなら、そもそも自分がこの業界にいても付加価値は出せない」ことを早期に悟り、違う業界に転出した方が、会社・顧客・社会・そして自分自身のためなのだ。

どうせ首になるなら、20代前半で首になった方がいい

2年目くらいで首になったものの、まだ20代前でキャリア転換の出来る人もまだマシである。

悲惨なのが、いくつかの会社を渡り歩いたものの全ての会社でいまいちパフォーマンスが出ず、“私のプロフェッショナル・アッドバリューはこれです!”というのがないまま、潰しの利かないお年頃になった元エリート・失業者たちである。(ちなみに自分を客観的に見ることができないので、プライドだけは高く、しかし提示される年収は低い。)

外資コンサル/外資金融に向いてないのに、そして結果的に上手く立ち振る舞えないのについうっかりジュニアのポジションで長居してしまった場合が転落の始まりである。

つまり解雇されても悠々自適の余生を過ごせるような資産を築く前にお払い箱になった上、なかなか仕事が見つからないお年頃になってしまった場合が最悪なのだ。中途半端に高い誇りと年齢、そして低い協調性の組み合わせは、好況がいくら続こうが、あなたを立派な元エリート失業者にしてしまうのだ。

そもそも向いていない人に、面接対策で内定を補助するのは、社会的犯罪行為?

これまでのキャリアで、“数多くの結局向いておらず、悲惨な末路をたどっている元バンカー/コンサルタント”を目の当たりにした今、“とにかく外資コンサル/外資金融に入ることをアシストすること”に、大きな問題意識を感じる次第である。

面接対策は、”そもそも向いていてフィットが高いが、面接準備ができておらず落ちてしまう”人にとってこそ、効果がある。

これに対し、”そもそもフィットがない人を、面接をコーチして偽りの自分をアピールして内定アシストしたところで、向いてない人を向いてない仕事に入れて採用側も社員も顧客も社会も不幸にするという、社会的犯罪行為の補助行為に加担してしまっているも同然なのである。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69