戦略コンサル転職失敗3パターン~コンサル転職後、全く活躍しない人の特徴とは?

戦略コンサル転職失敗3パターン~コンサル転職後、全く活躍しない人の特徴とは?

コンサル転職後、まったくコンサルが合わずに活躍できず”アップオアアウトのアウト”を食らってしまう人の特徴を解説します。

戦略コンサル転職失敗3パターンコンサル転職後、全く活躍しない人の特徴とは?

戦略コンサル転職に成功したはいいものの、それが裏目に出てキャリアを転落する人たちがいます。今回はその悲しき3大パターンについて紹介いたします。

コンサル転職後、転落パターン賢いけれど攻撃的で協調性なし

この”賢いけれど協調性なし”というのは、新卒の時はグループ面接などですぐわかるものです(他の人に話させなかったり、他の人の意見をすぐに否定したり、いいひとを装ってとにかく”それは面白いですね”とは言うが、その後の流れで全く無視したり)。

しかし中途転職の面接だと、面接だけは皆、いい人を演じるのが社会人経験分、達者になっているものです。

結果的にコンサル転職に成功したはいいものの、生来の攻撃的な性格(特に自分の意見を否定されたら驚くほど攻撃的になる)で、徐々に干されていくのです。コンサルは”誰とでもうまく一緒に働くEQ"が、IQと両輪で重要であることを忘れてはなりません。

なお転職前にいらしたかもしれない、伝統的な日本企業と異なり、年次や年齢によるヒエラルキーは特に嫌われ、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける