>
>
>
講師Q&A 「投資銀行か会計士か?」
講師Q&A 「投資銀行か会計士か?」

講師Q&A 「投資銀行か会計士か?」

企業に対して、財務的なアドバイスをするという目標はあるものの、公認会計士の資格を取得し監査法人へ入所することと、外資系投資銀行へ就職することとどちらをとるべきか?投資銀行と会計士の役割・業務内容を踏まえて、東京大学の方のお悩みを解決しました。
Thumbnail 40e42dca b159 4850 b4bd 3e1c5dff1386
StrongCareer編集部
Share on
B!

東京大学経済学部 Mさんより質問

私は、企業に対して財務的なアドバイスをするという共通の目標はあるものの、公認会計士の資格を取得し監査法人へ入所することと、外資系投資銀行へ就職することとどちらをとるべきか考えています。

なぜ私が財務的なアドバイスをすることに対してこだわりがあるかといいますと、大学二年生時に、資金調達支援のコンサルティング会社で働いていたことが関係しています。

そこでは、顧客企業が無担保低利息で公的資金を借入調達するために、顧客に代わって企画書を作成するという業務をしていました。

その際に、企業の財務諸表を目にする機会に恵まれ、同時に資金不足によるアイデアの実行困難や、不必要な事業への投資による利益の減少といった問題を目の当たりにしました。

これらの問題を解決したいと考えたことから、私は公認会計士の学習を始め、同時に投資銀行への志望を高めることになりました。

監査法人、投資銀行の両インターンを経験してみましたが、現在では、投資銀行で意思決定のためのアドバイスを行うことに魅力を感じています。
監査法人は、意思決定のためよりも、すでに行われた取引に対する説明の要素が強いためです。

将来的に自分が投資銀行のオフィサーになりたいと考えた場合に、公認会計士として経験を積み、自分なりの強みを持った上で投資銀行に臨むことと、新卒で入社し若いうちから現場で経験を積みながらオフィサーを目指すことのどちらが、オフィサーを目指す上で、その目的を達成しやすいのでしょうか。
またどちらが将来的な自己成長の可能性をより多く与えてくれるでしょうか。

講師からの回答

一般的に公認会計士の資格はかなり汎用性が高くつぶしが聞きますが、あなたの場合は特に公認会計士に何年も費やすより、投資銀行にそのままいかれるのがよいでしょう。
お書きになられた内容はおおむね正しく、会計士の方で職務内容に不満がある人は、たいていが以下の理由です。
1.過去の数字の分析で、将来の決断をアドバイスする、というイメージとかなり離れていた
2.決算期に忙しすぎる
3.昔ほどもうからなくなっており、1000万にはなっても2000万に上がるのに、パートナーにならないと見えてこない(以前と異なり、残業代をつけにくくなっているのです。)

また最近会計士から戦略コンサル、投資銀行調査部を経験した方と議論する機会があったのですが、会計士の監査に不満を感じる理由として、まず若手のペーペーがまず調べるものの、そこで見落とされたものはシニアのレベルにあがってこないのでまずもって穴だらけであることを指摘しています。
また引き当てや償却期間の見積もりなども外部の会計士が判断できるわけも無く、結局企業のいいなりであることが多いことに加え、そもそもお客の企業を厳しく締め付ける監査ができないことなどを”不満理由”として挙げています。

ちなみに会計士でずっと働いてしまうと実は忙しいわりに報酬的には割に合わなかったりもするのですが、会計士を数年やったのち、ファンドのストラクチュアリングやタックス・アドバイスを経験すると、かなり高給の転職が可能だったりもします。

会計士か投資銀行どちらを選んだ後に投資銀行のオフィサーを目指すのかということですが、仮にその目標が本当にあなたが望まれるものであるとするならば、投資銀行にいってしまったほうがよいでしょう。
会計の知識は有用ですが、業務の一部にすぎません。またモデルを作るときに確かによい基礎知識にはなりますが、長期的に大きな差別化要因になるほどのものでもないのです。

なお、投資銀行の資金調達アドバイザリー業務に、過度な理想を持たないほうが、いざ入社後に期待とのギャップに驚かなくてすむでしょう。
これは総じて投資銀行にいえることですが、ビジネス上、たとえ株式オファリングのタイミングでなくてもECMヘッドのバジェット達成のため何が何でもエクイティを薦めるケースも少なくありません。

“壮絶なドブ板営業で社長を丸め込んで海外のシナジーを発揮できないヘッポコ割高会社に高い金つっこませる”ことや、”財務が極めて強固でエクイティファイナンスなんかやったら既存株主にダイリューションが起きて怒られるのに、フィーを稼ぐためにエクイティファイナンスさせたり”という現実に悩まれることもあるでしょう。

ただし、あなたのキャリア選好性が”不況期のダウンサイドリスクヘッジ”に向かっているのであれば、会計士の資格と経験を持つことはセーフティネットとして機能します。
不況で投資銀行の若手が大量に市場に放出され、他の業界では対して役に立たない人が多い中、会計士資格保有者はなにかとつぶしが効くからです。




\\ 過去15年間の就職・スキル研修セミナー //
Dummy1 2c42222ab6be81fd2ba7fdee0056ac09bdff11266e3dd71173c9fc1c952c1144
Dummy2 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69
Dummy3 260ff2421d96fbf0cf56cf54c5b1d575e336f6a9fc8d7fdd138194bf08e3fedf
Dummy4 605dceab57c455d426869597aebb9630c44f04cbe7732565a877cf68f05a0f5c
Dummy5 883a31ec66e2f474cf03e3c4360a6eb9e2f4d2fd165220df5d1859ca60fc0ade
Dummy6 32a0091b407d205610835bf5509b06025f73f14f9f94daef1ab20f99596ddd91
Dummy7 d878c9188cfdce05579e67f3a8665c9c555ddc71d9c553bc39eec6e9fc00fc2f
Dummy8 68cae1a2b472971dca791e85bc7d7591215c87805bc737a139c8c0b744f2de01