会計士を辞めたい人の転職動機3パターン:投資銀行での仕事に会計資格は有利か?

会計士を辞めたい人の転職動機3パターン:投資銀行での仕事に会計資格は有利か?

投資銀行を目指すうえで会計士資格をとるべきかという質問も、当セミナーによく寄せられる質問です。ズバリ、不要です。以下では回答に関連し、会計士を辞めて転職したがる人の3大転職志望動機と、会計士と投資銀行のキャリアのリスクリターンバランスの違いに関して論じます。なお、質問者様の「投資銀行か会計事務所、どちらが成長できるのか」「投資銀行のオフィサーへの近道はどちらか」という問いにも答えます。

会計士を辞めたい人の転職動機3パターン:投資銀行での仕事に会計資格は有利か?

東京大学経済学部 Mさんより質問:コンサル志望動機VS会計士志望動機

私は、企業に対して財務的なアドバイスをするという共通の目標はあるものの、公認会計士の資格を取得し監査法人へ入所することと、外資系投資銀行へ就職することとどちらをとるべきか考えています。

なぜ私が財務的なアドバイスをすることに対してこだわりがあるかといいますと、大学二年生時に、資金調達支援のコンサルティング会社で働いていたことが関係しています。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム