投資銀行志望動機「資金調達を支援したいー外資金融・投資銀行か会計士か?」

投資銀行志望動機「資金調達を支援したいー外資金融・投資銀行か会計士か?」

企業に対して、財務的なアドバイスをするという目標はあるものの、公認会計士の資格を取得し監査法人へ入所することと、外資系投資銀行へ就職することとどちらをとるべきか?投資銀行と会計士の役割・業務内容を踏まえて、東京大学のMさんからのキャリア相談に、講師陣が回答します。

東京大学経済学部 Mさんより質問:コンサル志望動機VS会計士志望動機

私は、企業に対して財務的なアドバイスをするという共通の目標はあるものの、公認会計士の資格を取得し監査法人へ入所することと、外資系投資銀行へ就職することとどちらをとるべきか考えています。

なぜ私が財務的なアドバイスをすることに対してこだわりがあるかといいますと、大学二年生時に、資金調達支援のコンサルティング会社で働いていたことが関係しています。

そこでは、顧客企業が無担保低利息で公的資金を借入調達するために、顧客に代わって企画書を作成するという業務をしていました。

その際に、企業の財務諸表を目にする機会に恵まれ、同時に資金不足によるアイデアの実行困難や、不必要な事業への投資による利益の減少といった問題を目の当たりにしました。

これらの問題を解決したいと考えたことから、私は公認会計士の学習を始め、同時に投資銀行への志望を高めることになりました。

監査法人、投資銀行の両インターンを経験してみましたが、現在では、投資銀行で意思決定のためのアドバイスを行うことに魅力を感じています。
監査法人は、意思決定のためよりも、すでに行われた取引に対する説明の要素が強いためです。

将来的に自分が投資銀行のオフィサーになりたいと考えた場合に、公認会計士として経験を積み、自分なりの強みを持った上で投資銀行に臨むことと、新卒で入社し若いうちから現場で経験を積みながらオフィサーを目指すことのどちらが、オフィサーを目指す上で、その目的を達成しやすいのでしょうか。

またどちらが将来的な自己成長の可能性をより多く与えてくれるでしょうか。

講師からの回答:大学二年で資金調達のバイトをし、公認会計士事務所と投資銀行でインターンをしたあなたは強い。どちらを取るかは目的次第

まず、あなたの経歴と体験と志望動機の組み合わせは非常に強く、良い内定を得られることでしょう。大学二年生といえば、テニスサークルにスキーサークル、そして合コンにうつつを抜かしている学生さんが多い中で、無担保低利子で公的資金を借入調達するための資金調達支援コンサルティング経験をしていたなど、”面接で述べる原体験”という意味で、明らかに他の投資銀行志望者と大きな差がついています。

おまけにあなたはすでに、監査法人と投資銀行の両方でインターン採用され、インターン経験されておられ、採用市場でも引っ張りだこである雄姿が想像できます。

さらに両方のインターンを経験したからこそ、自分がよりやりがいを感じるのはどちらかを、より説得力をもって語ることができています。しかも、最後のご質問が”どちらが将来的な自己成長の可能性をより多く与えてくれるか”という、極めて未来志向・成長志向の有意義な質問をされておられます。

さて、資金調達支援をする上での会計士か投資銀行ですが、一般的に公認会計士の資格はかなり汎用性が高くつぶしが聞きます。また資金調達アドバイスや財務分析を自分自身で詳細になさりたいのであれば、公認会計士の資格を取るのはよい勉強になるでしょう。

ただし、既に公認会計士の仕事に見切りをつけ、資金調達アドバイスのなかでも投資銀行業務(クライアントの規模にしてもソリューションのタイプにしても)のオフィサーとしてのキャリアへの近さというより限定された質問であれば、あなたの場合は特に公認会計士に何年も費やすより、投資銀行にそのままいかれるのがよいでしょう。

なお、最後のご質問の”今後の成長の伸びシロ”ですが、どちらの仕事をしていても、数年で成長カーブは落ちるものです。成長の定義と方向性にもよりけりですが、働いて数年たたないとその輪郭ははっきり見えてこないので、この心配は今はなさらなくてよいかと思います。(、、、と前書きしたうえでそれでも書くと、昇進が早ければ投資銀行の方がダイナミックなディール経験が多いのは確かですが。)

公認会計士の悲哀:過去の数字の、顧客に逆らえない分析に飽きた!

お書きになられた内容はおおむね正しく、会計士の方で職務内容に不満がある人は、たいていが以下の理由です。
1.過去の数字の分析で、将来の決断をアドバイスする、というイメージとかなり離れていた
2.決算期に忙しすぎる
3.昔ほどもうからなくなっており、1000万にはなっても2000万に上がるのに、パートナーにならないと見えてこない(以前と異なり、残業代をつけにくくなっているのです。)

監査法人では確かに意思決定よりも、過去の取引に対する説明の要素が強く、それが公認会計士から投資銀行やコンサルに転職したい人が多い典型的転職志望動機になっているのも事実です。

また最近会計士から戦略コンサル、投資銀行調査部を経験した方と議論する機会があったのですが、会計士の監査に不満を感じる理由として、まず若手のペーペーがまず調べるものの、そこで見落とされたものはシニアのレベルにあがってこないのでまずもって穴だらけであることを指摘しています。

また引き当てや償却期間の見積もりなども外部の会計士が判断できるわけも無く、結局企業のいいなりであることが多いことに加え、そもそもお客の企業を厳しく締め付ける監査ができないことなどを”不満理由”として挙げています。

ちなみに会計士でずっと働いてしまうと実は忙しいわりに報酬的には割に合わなかったりもするのですが、会計士を数年やったのち、ファンドのストラクチュアリングやタックス・アドバイスを経験すると、かなり高給の転職が可能だったりもします。

会計士か投資銀行どちらを選んだ後に投資銀行のオフィサーを目指すのかということですが、仮にその目標が本当にあなたが望まれるものであるとするならば、投資銀行にいってしまったほうがよいでしょう。

会計の知識は有用ですが、業務の一部にすぎません。またモデルを作るときに確かによい基礎知識にはなりますが、長期的に大きな差別化要因になるほどのものでもないのです。

かといって、投資銀行での資金調達アドバイスの仕事に過度な幻想は禁物

なお、投資銀行の資金調達アドバイザリー業務に、過度な理想を持たないほうが、いざ入社後に期待とのギャップに驚かなくてすむでしょう。

これは総じて投資銀行にいえることですが、ビジネス上、たとえ株式オファリングのタイミングでなくてもECM(Equity Capital Market部門)ヘッドのバジェット達成のため何が何でもエクイティを薦めるケースも少なくありません。

“壮絶なドブ板営業で社長を丸め込んで海外のシナジーを発揮できないヘッポコ割高会社に高い金つっこませる”ことや、”財務が極めて強固でエクイティファイナンスなんかやったら既存株主にダイリューションが起きて怒られるのに、フィーを稼ぐためにエクイティファイナンスさせたり”という現実に悩まれることもあるでしょう。

実際、私の上司は投資銀行業界のみならず日本のビジネス業界全般で有名な、誠実な人物として名高い人ですが、その上司が”このD社から根こそぎはぎ取ってしゃぶりつくすまで、このディールは辞めない”などと恐ろしいことを会議で言っていたのを、今更ながらに思い出します。

学生時代な理想に胸を燃え上がらせ、社会貢献を投資銀行への志望動機として熱く語る人が少なくないのですが、それは実態とかけ離れたイメージも多いということを、一言申し伝えたいと思います。

不況期にツブシが利く公認会計士、不況期に真っ先に仕事がなくなる投資銀行バンカー

金融商品のリスクリターンバランスと同じで、キャリアもダウンサイドリスクが大きいからこそ、アップサイドリスクも大きいものです(中にはアップサイドが無いのにダウンサイドだらけのブラックキャリアもありますが)。

あなたのキャリア選好性が”不況期のダウンサイドリスクヘッジ”に向かっているのであれば、会計士の資格と経験を持つことはセーフティネットとして機能します。

不況で投資銀行の若手が大量に市場に放出され、他の業界では対して役に立たない人が多い中、会計士資格保有者はなにかとつぶしが効くからです。ただし、公認会計士としての収入上のアップサイドは1000万円から2000万円の間で限定されることが大半でしょう。

これに対し外資系投資銀行は2018年の時点ですでに新卒一年目でボーナス含めて1000万スタートになっていて、MDになれば5000万、下手したら何億のボーナスがもらえますが、仕事量は会計士より多く、かつクビになったらただの人(会計士は仕事を辞めてプータローをしてても、社会的には公認会計士です)かつ、投資銀行によっては「理想的な資金調達アドバイスをする仕事では、必ずしもない」ということを肝に留めておきましょう。

ご相談への回答を繰り返しますが、双方のキャリアに一長一短と適性の違いはありますが、インターンをして会計士より投資銀行という納得感が強いのであれば、投資銀行でのキャリアを選ばれたらよいのではないでしょうか。

長期的な成長の伸びシロという意味では、冒頭でも申しましたが、新卒時代から3年働くとほぼ間違いなく”成長したい方向性と成長の定義”が変わってくる上、転職されている可能性も高いので、今の段階で過度に心配されることはないかと思います。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69