コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編

コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編

世界各国で最も競争的なビジネス人材は、戦略コンサルか投資銀行を目指すことが長年続いてきました。そしてこのコンサルVS投資銀行という比較も、日本だけでなく世界中の有力大学の学生が考えるトピックです。これに対する回答も様々な人がしていますが、本質的な違いはその両者のビジネスモデルの違いに起因しています。両業界のビジネスモデルの違いのみならず、エージェンシーコストの違いも理解したうえで、御自身にフィットの高いキャリア選択をしましょう。

コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編

慶応大学理工学部Nさんより質問

戦略のコンサルでは今、M&Aによる成長戦略やM&A後の統合マネジメント関連のプロジェクトが増えていると聞きます。

私が思うに、こうしたビジネスは投資銀行でもやっていて投資銀行の方が資金調達なども含め総合的にサービスが提供できると思うですが、このような業務において戦略のコンサルのニーズがあるのはなぜですか?

M&A関連で、投資銀行ではなくコンサルティングファームに依頼する内容とは?

まず、投資銀行と戦略コンサルのビジネスモデルが違うからです。投資銀行は企業買収なり、資金調達なりを実行して初めてフィーを得るモデルです。よって、取引が実行されることを前提にピッチや提案をします。

これに対し、コンサルは時間チャージのフィービジネスです。よって、案件が実行されるかどうかに関係なく、レベニューが立つモデルです。結果的に案件の幅は広がりますし、かつ案件の実行にバイアスがよった提案になることもありません。

したがって、そもそもそのM&Aを実行すべきかどうかといった案件は、コンサルティングファームに依頼することになります。ちなみに、いざM&Aが...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング