違い過ぎ!「コンサルMAと投資銀行MAの違いは?」~コンサル・金融キャリア相談

違い過ぎ!「コンサルMAと投資銀行MAの違いは?」~コンサル・金融キャリア相談

今日、M&Aは投資銀行に加えコンサルも担当している。コンサルと投資銀行のMAサービスの違いはどこにあるのか?

慶応大学理工学部Nさんより質問

戦略のコンサルでは今、M&Aによる成長戦略やM&A後の統合マネジメント関連のプロジェクトが増えていると聞きます。

私が思うに、こうしたビジネスは投資銀行でもやっていて投資銀行の方が資金調達なども含め総合的にサービスが提供できると思うですが、このような業務において戦略のコンサルのニーズがあるのはなぜですか?

講師からの回答

M&A実行は投資銀行、事前デューディリジェンスやPMIはコンサル

確かに、M&A後のPMI(Post Merger Acquisition)て、MA案件の後に必ずついてくるプロジェクトなのに、なぜ投資銀行はしないんでしょうかね。子会社でPMIコンサルファームをつくってそればかりやって貰ってもいい気がしますし、PMIの混乱を上手くマネッジしてくれるコンサル業務もセットで提案してくれれば、顧客側のM&Aへの心理的抵抗も少しは落ちそうな気もします。

ま、これは専門医に”なぜ他の病気も直さないんだ!”と迫るようなもので、専門性が違うの一言に尽きるかもしれませんし、コンフリクトも問題もあるでしょう。投資銀行の内部にあるコンサルに頼んだら、何頼んでも最後は資金調達と買収につなげられてしまいそうですし。またコンサルはクライアントの利益最大化を謡う必要があり、不要なM&A案件には反対しなければならないので、ここにもコンフリクトが起こるのです。

投資銀行とコンサルのM&Aに纏わるサービスの違いを一言でいえば、“実行を伴わない、第三者的ご意見番としてはコンサルのMAアドバイスも有り。しかしエクセキューションが絡むと投資銀行の出番”というのが簡単な要約です。

もちろん投資銀行もデューディリジェンスはしますが、ビジネスデューディリジェンスはコンサルティングファームが行います。(一応投資銀行によるMAの提案書の中にも戦略的理由などが書かれているのですが、単に業界下位の二社がくっついて、業界一位に肉薄、、みたいな薄い内容が多かったりします。)

戦略コンサルが行うPMI案件は、幅が広い

なお今日、事業会社は社内にバンカー出身者などのMAチームを抱えてることもあり、時には投資銀行を仲介せずに合併が成立することもあります。このとき、戦略コンサルにフィージビリティスタディなども依頼します。

なおよくあるデューディリジェンスとは、投資ファンドがお金を投資する前に、その企業の詳細なファンダメンタルや改善のレバー探しを、コンサルファームにに2ヶ月3千万とかで調査依頼することがよくあります。これが”企業買収のデューディリジェンス案件”と呼ばれるもので、コンサルが行い、投資銀行は行いません。(ちなみに某ブランドファームだと、3か月に3人コンサル張り付けただけで1億しれっとチャージしてくるファームもあるのですが、こうなると数千億といったメガディールでないと、デューデリフィーが捻出できなくなります。)

また、MA後のポストマージゃーコンサルは、コンサルタントのよくある仕事です。
基本、ビジネス戦略からオペレーション、組織に絡む問題が発生するため、投資銀行がこれらに対してアドバイスできることは少ないのです。そして面倒なのが人事システムの統合および変革(買収先と買収側で、人事システムや報酬体系が全然違う時にカルチャー統合の困難が伴う)。

投資銀行ならではのMAサービス

ではどんなとき、コンサルには頼めないディールになるのでしょうか。
基本的に、M&Aの交渉やドキュメンテーション、つまり実行は投資銀行のサービスとなります。またMAに伴う資金調達も、投資家をクライアントとして抱えている投資銀行の仕事となります。

またいざ売却交渉になったりすると、コンサルが分厚いテキストで学んだ超詳細な理論的企業価値評価手法は、マーケット慣行からかけ離れた異言語であることも少なくありません。

大体、CEO同士で“とにかく、これくらいの値段でやって!”というところを落としどころに、数字をえっちらおっちらいじくるのが企業買収の現場であることも多いのです。
徹夜で勉強してきたリアルオプションとモンテカルロシュミレーションを披露しつつ、統計的に有意でない謎の回帰分析を振りかざすのだけは止めなければなりません。
とにかく、企業買収の実務の泥臭さは、MBAや大学のファイナンスの授業で学ぶロジカルなものとは全く異質のものなのです。

ちなみになぜ投資銀行がコンサル部隊を持っていないかというと、これはどう考えても双方のビジネスに利益相反があるからでしょう。たとえば、コンサルティングは株主及び経営者にとって正しい判断をサポートしなければならないが、投資銀行はディールの実行が至上命題となります。

投資銀行とコンサルファーム、それぞれのエージェンシーコスト

投資銀行には投資銀行ならではのエージェンシーコストがあります。彼らはMAアドバイザリーに関し、MAが実行されてこそフィーが入ってくるので、基本的に”この買収はしたほうがよい!”となってしまうのです。(このビジネスモデル上のエージェンシーコストが、M&A案件の7割は失敗に終わるとされる所以でしょう)

これに対し、コンサルは別にMAが実行されようがされまいが、その期間働いたことに対するフィーをもらうので、MA実行の有無に関するエージェンシーコストは発生しません。ただし、プロジェクトを長引かせたり次のプロジェクトにつなげてさらにフィーを頂こう、という違う種類のエージェンシーコストが発生します。

この両者のビジネスモデルと不可避的なエージェンシーコストを踏まえた上で、ご自身が世に出したいバリューとしてフィットのある方を選ばれることを、お勧めしたいと思います。


PS ちなみに投資銀行家の中でも、信頼を重視する優れたバンカーは、お客に”このディールはやめといたほうがいい”とアドバイスすることによって、長期的な信頼関係を構築する人も一部います。私の上司はそんな人でした。もしあなたがバンカーになられた暁には、ぜひそんな”リアルバリュー”を追求する、一流のバンカーを目指してくださいね!

2019年2月24日 13時より六本木ミッドタウンにて、外資セミナー(外資系戦略コンサル・投資銀行面接対策セミナー)を開催します。お申し込みはこちらから

新卒・第二新卒・中途共通!
外資系戦略コンサル外資金融面接対策セミナー
御宛名
メールアドレス
大学名/大学院名
出生年度(西暦)
キャリア相談したい内容・当日講師に質問したい内容(文字数自由)

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69