コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編

コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編

投資銀行に加えコンサルも担当していますが、その業務内容はどう違うのでしょうか?潜在的売り手や書いてはコンサルも投資銀行も同じくできます。しかしPMIになってくると、コスト・コンフリクト・専門性の問題が発生します。最後はビジネスモデルの違いに起因する、エージェンシーコストの違いも理解しておきましょう。

コンサルと投資銀行の仕事内容・ビジネスモデルの違い~M&A編

慶応大学理工学部Nさんより質問

戦略のコンサルでは今、M&Aによる成長戦略やM&A後の統合マネジメント関連のプロジェクトが増えていると聞きます。

私が思うに、こうしたビジネスは投資銀行でもやっていて投資銀行の方が資金調達なども含め総合的にサービスが提供できると思うですが、このような業務において戦略のコンサルのニーズがあるのはなぜですか?

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける