コンサルタントになるにはどうすれば?資格・英語・年収・コンサルランキングの実態

コンサルタントになるにはどうすれば?資格・英語・年収・コンサルランキングの実態

コンサルタントになるには?資格は?英語力は?年収は?コンサルランキングは?という頻出の質問に対して、纏めてみました。

コンサルタントになるには、3つの条件が必要

コンサルタントになるには、言い古されていますが(そして面接官によって好みのポイントが”面白いやつかどうか”みたいなケースもありますが)総じて、新卒であれば学歴x協調性xコミニュケーション能力、中途であれば学歴x職歴x実績が重要になってきます。

当サイトはMBBを目指される方が多いので実態を申しますと、東大京大がやはり強く、早慶一ツ橋東工大、他国公立大も数多くいらっしゃいます。一昔前は東大ばかりでしたが、コンサル大量採用がなされるようになり、その他大学でも優秀な人がたくさん雇われるようになりました。


協調性ですが、コンサルはチームワークが全てです。上司から、同僚から、部下から、秘書さんから、クライアントから、インタビュー相手から好かれつつ、効果的にコラボレーションできることが大切です。どれほど賢くても、協調性がなくて浮いてしまったり、他の人のパフォーマンスを引き下げるような人は、コンサルタントになってもすぐに干されてしまうのです。


コンサルタントに転職してなるには、新卒と違い職歴と実績、またそこからくる実体験に基づいた志望動機や原体験が重要になってきます。仮に職歴がショボくても、学歴がしっかりしていて(つまり東大か京大の理系で20代だと、再チャンスを貰え安い)、その職務経験からくる問題意識と志望動機がしっかりしていると、某人材会社の子会社みたいなところからトップティアの戦略ファームに移る、というケースも最近ありました。(この方は弊社転職対策セミナーに参加されましたが転職成功時、年収は350万から一気に800万にアップでした)


コンサルタントに転職すると、年収はどれくらい貰えるのか?2019年夏直近版

コンサルタントになったあと、年収は新卒なら500万~600万と、低めのスタートです。2,3年で上にあがると一気に1300万くらいに増えるファームもあります。ちなみに海外一流MBA上がりだと、初年から1500万くらいです。なお30前に日本の事業会社からコンサルタントに転職すると、大体800万~900万でスタートすることが多いです。ボーナスはベースの20%、30%程度であることが多いので、大儲けしようとなるとパートナーになってプロジェクトを売りまくる必要がありますが、そうなると2億、3億貰う人もいます。


コンサルタントになるには、どんな資格が有利なのか?

さて、よく聞かれるのが”コンサルタントになるのに有利な資格は”という問いですが、”コンサルになるうえで有利になる資格”など別にないので、頑張って資格の勉強で遠回りする必要はありません。

もちろん、学歴がいまいちの時に、公認会計士や弁護士の資格を取ってアピールするというのはありえますが、例えば英検一級とか、簿記一級とか、苦労する割に別にそれでコンサルに受かる確率が高まるわけではないので、無駄に資格勉強に明け暮れるのは避けましょう。(もちろん、トップティアの大学で、既に会計士か弁護士資格を持っている、とかなら正味の話、有利に働きますが、それでも決め手になるわけではないのです。)


コンサルタントになるには、英語はどのくら必要なのか?

コンサルタントになるための資格とともによく誤解されがちなのが英語力です。ズバリ、入る段階ではいらないです。マッキンゼーやベインとかでも、日本オフィスは他のコンサルタントもクライアントも日本人が大半なので、英語力がないから落ちるということはまずないです。(もちろん、英語力が無いと入社後入れるプロジェクトの幅が狭まるので、英語力があるに越したことはないのですが、コンサルタントになるために一生懸命英語力を鍛える、というのは、あまり効果がないので気を付けましょう)

なお、たまにTOEIC800とか、TOEFL92とかを中途半端に履歴書でアピールされる方がいますが、TOEICは実際の話、満点でも英語使えない人がたくさんいるので大したプラス効果はなく、TOEFLも110超えないとトップMBA留学には足切りされるレベルなので、くれぐれも”コンサルタントになるために中途半端に英語の資格勉強に勤しむ”というのは、避けましょう。


コンサルランキングの実態とは?

最後に、みんな大好き”コンサルランキング”の時間です。これは何をもってランキングを付けるのか、また誰の視点でランキングを付けるのかによって変わってくるので、どの基準が大切なのか自分なりに考えてみましょう。

一般的にはMBB(マッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ、ベイン)がトップティア、セカンドティアにStrategy &, ATカーニー、アーサーディーリトル、アクセンチュア、サードティアに、、、これは名を上げるのを控えますが、大抵はこのようなコンサルランキングを信じている人が多いものです。

しかし国によっては強いファームのランキングが違うこともあります。さらに、何せ人ビジネスなので自分がつく直属の上司によっても、またアサインされるプロジェクト次第でも、コンサルの経験は大きく変わるものです。

また自分にとって大切な”コンサルランキング”が、レジュメのブランドなのか、収入なのか、楽しさなのか、和気あいあいとした社風なのか、ワークライフバランスなのか、何を重視する価値観なのかによっても、自分にとって意味のある”コンサルランキング”は変わってくることでしょう。

だからこそトップティアではない、セカンドティアやサードティアのコンサルファームへの”志望動機”をつくるときは、どの基準で言えばそのファームを目指すことがメイクセンスなのかを考えることが重要になってきます。(といっても、マッキンゼーとウチ両方受かっても、ウチ来てくれますか?という問いを突き付けられることもあるので、逆に言えば”どの基準で言えば御社は最高水準のファームだと思いますか?”という問いを感じよく聞くことも重要です。

(残念ながら、これに正直に応えられるコンサルタントは多くないのですが・・・大抵、”人だね”とか、”顧客に寄り添うこと”とか、”結果主義”とか、どこでも適当にいえそうな回答が返ってきた時は、そのコンサルタントは特に何も考えてないと見なして間違いないでしょう。)


ともあれコンサルタントになるには、学歴や職歴は満たしたうえで、英語力や資格の有無にとらわれるより、協調性や相手を理解し尊重し、明確に意思を伝えるコミニュケーション能力、そして抽象的な伝聞ではなく、原体験を基にした説得力ある面接を心がけましょう。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69