バークレイズ証券への転職と就活~他の投資銀行との違い5ポイント

バークレイズ証券への転職と就活~他の投資銀行との違い5ポイント

英国初の名門金融機関で、外資系証券会社の中では日本進出が最後発組となります。リーマンブラザーズの北米機能を買収した当時の急拡大が終わり、反動のリストラも一段落した今、他のTier2外資証券と比較して、どのような特徴を有しているのでしょうか?そのポイントを解説します。

バークレイズ証券への転職と就活他の投資銀行との違いポイント

バークレイズ証券はイギリスの大手金融グループで、リーマンショック以降、リーマンブラザーズの北米機能を買い取り、日本でも業容を拡大してきました。

主要外資系投資銀行の中では日本進出が最も後発となります。欧州ではトップティア、日本でもTier2の一角とされるバークレイズ証券と、他の投資銀行を比較した時のキャリアインプリケーションを以下に記載します。

グローバルな環境:英国系金融機関なので、イギリスとの繋がりが強い

バークレイズ証券はイギリス発の金融機関で、ロンドン本社とのつながりが強いです。外国人比率も高く、英語が公用語です。新卒入社組もロンドンでか月の研修を受けることができます。

日本では後発組で中途採用を急速に進めたので、様々な投資銀行出身者が存在

ドイチェ証券やUBS証券よりもさらに日本での投資銀行業務拡大が遅かったので、他社が解雇を勧めた局面で、ありがたい受け皿になりました。

リーマンブラザーズやドイチェ証券、JPモルガン、ゴールドマンサックスなど多様な競合他社から人材採用を勧めたので、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける