プライベートエクイティ転職前に考えたい、バリューアップ/ガバナンス構築パターン

プライベートエクイティ転職前に考えたい、バリューアップ/ガバナンス構築パターン

戦略コンサルや外資系投資銀行出身者の転職先として、いまだ大人気を誇るプライベートエクイティ業界。プライベートエクイティファームのバリューアップ手法は、アセットクラスの違いのみならず、ファームやファンドごとに多様なパターンがあります。そんな中、貴方は何をバリューだと認識していて、それをどのようにして上げていきたいと思ってらっしゃるでしょうか?PEファンドごとに異なるバリューアップの何たるかに対する認識の深さが、各ファンドとのパートナー面接時に貴方を輝かせるのです。

プライベートエクイティプロフェッショナルのバリューアップパターンは、ファンドや個人の個性で変わる

プライベートエクイティ転職志望者の多くが、プライベートエクイティ業務の本質を聞かれても、退屈な回答に終始してしまいます。

投資家からお金を集めて、低めのバリュエーションで買って、バリューアップして、高いバリュエーションで売って、投資家に高いリターンを提供する。。」などとブツブツ、表層的で当たり前なことを言ってしまいがちなのです。これが面接での質問の意図に答えていないのは、明らかでしょう。

それでは、プライベートエクイティの本質的価値とはどのようなものなのでしょうか?

めでたくPE業界へ転職を果たした後、あなたはプライベートエクイティ転職後、潜在投資先企業及びLP投資家に、自社のPEキャピタルを受け入れるよう説得しなければなりません。

そして彼らを説得するためには、その本質的価値、つまり「何がありがたいのか」を深く理解している必要があるのです。

以下では、プライベートエクイティの本質的価値と、その多様な「価値パターン」について解説します。

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける