プライベートエクイティファンド転職時、絶対知るべきファンド間の違い7大ポイント

プライベートエクイティファンド転職時、絶対知るべきファンド間の違い7大ポイント

当サイトにはマッキンゼーやゴールドマンサックスなど、コンサル・投資銀行社員の皆さんが、プライベートエクイティファンドへの転職準備のために多く訪れられます。またプライベートエクイティファンドから他ファンドへの転職を志望される方も、数多く登録されています。それでは、数あるプライベートエクイティファンドは、どのような観点で分類されるのでしょうか?その基本的な7ポイントを解説します。

プライベートエクイティファンドの違いは、どのような特徴で計れるのか?

.ローカルファンドとリージョナルファンド、グローバルファンドの違い

まずは、当該ファンドが特化している市場です。ユニゾンキャピタルやアドバンテッジパートナーズといった、日本発で日本に投資しているのが、ローカルファンドと呼ばれます。

KKRアジアやベインアジア、CVCのように(日本に特化したファンドを同じGPが持っていることもありますが)、アジアなど地域一帯に投資するのが、リージョナルファンドと呼ばれます。

また中には、一つのファンドからグローバルに投資するグローバルファンドと呼ばれるファンドもあります。

どのタイプのファンドで働くかで、投資先の国や種類がずいぶん変わってくることになります。

たいていはローカルファンドのほうがその市場での専門性が高いはずだからリターンが高いはずと言われがちです。しかしリージョナルファンド、グローバルファンドで安定的な高リターンをあげるファンドもあり、有意な差はないように思われます。

.独立系ファンドと、キャプティブ系ファンドの違い

独立系とは、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける