マッキンゼー社員の転職3大パターンとは?~3年目、高評価コンサルの次の一手

マッキンゼー社員の転職3大パターンとは?~3年目、高評価コンサルの次の一手

マッキンゼー退職者は、3パターンに分かれます。数年で社内で高い評価を受けたグループが、最も「次の一手」が重要になります。

マッキンゼー社員の転職3大パターンとは?3年目、高評価コンサルの次の一手

マッキンゼーを辞める人の中には種類いる。パートナーまで上り詰めて、なおかつ自分の名前でとれる魅力的な案件が多くて、独立するパターン。次にマッキンゼーの中でも評価は高いが、すでに3年経験してビジネスを一通り勉強し、ブランドも手に入れるという目的を果たして辞めるパターン。つめが、単に年いただけで、在籍しただけでとくに達成したことはなく、会社からも退職勧奨リストに入っていた辞め方の人である。

マッキンゼーを辞めた人の進路別「ポストコンサルキャリア」とは?

ではその後の彼ら・彼女たちのキャリアはどうなっただろうか?

パートナー上がりのマッキンゼー退職組は、プライベートエクイティファンドを始めたり、ファンドと組んで投資先企業の社長としていくつもの案件を指揮して、エグジット時に巨額の報酬(10億を超えることも)を手にしたり、本格的なターンアラウンドプロフェッショナルとして成功している人もいる。

2番目の”高評価だが数年で転職組”は、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける