外資金融を解雇されて日系に雇われても、日系証券を解雇された人を外資は雇わない!

外資金融を解雇されて日系に雇われても、日系証券を解雇された人を外資は雇わない!

外資系金融機関と日系金融機関を比べたがる人は非常に多い。外資系、とくに米系金融機関は、グローバル資本主義の象徴的な機関であるため、容赦なき資本の論理で経営されることになる。つまり稼げる人にはアップサイドを積んで奪い合うが、稼げない人は容赦なく解雇する。これに対し日本の金融機関は、日本のシステムがどちらかといえば社会民主主義色が強いのを反映し、アップサイドは税金と他の社員への分配で限られる反面、ダウンサイドでも山一のように潰れない限り、解雇されるリスクは極めて低い。以下に解説しよう。

外資金融を解雇されて日系に雇われても、日系証券を解雇された人を外資は雇わない!

慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 男性より質問

日系投資銀行と比べたときの外資投資銀行の強み(“各国の現地グローバル企業とのトップレベルでの取引を行っているため、グローバルな視点で業務が出来ること”以外でお願いします)を教えていただけませんでしょうか?

回答:日系・外資の違いの本質は、キャリアの”リスクリターンバランス”の違い

投資銀行の日系・外資の違いを一言でいえば、キャリアのリスクリターンバランスの違いといえるだろう。

まず第一に報酬のアップサイドという意味では、(ジュニアの時代は特に)年収がずいぶん違うため、やはり競争的な人材は外資のほうが多い。(ただし、野村がやっているように外資金融並みの年収を数年契約で払うところも出てきている)。

第二にダウンサイドリスク対策という意味では、圧倒的に日系の方が保証が強い。外資系投資銀行も最近は昔のようなアップサイドが減ってきているので、”クビにならない環境で、時間プレッシャーも米系投資銀行ほど感じずにじっくり働きたい、ということであれば、日系を選ぶのもそれはご自身...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム