コンサル・投資銀行の面接で「強み」を聞かれて失敗する3大残念パターンとは?

コンサル・投資銀行の面接で「強み」を聞かれて失敗する3大残念パターンとは?

コンサルや金融をはじめ、プロフェッショナルファームでの面接でほぼ絶対聞かれる、「あなたの強みは何か?」という質問。オーソドックスな質問ですが、その解答がグダグダで、大沈没するヒトも少なくありません。自分が持つ様々な「強み」の中で、面接で語るべき「強み」の重要ルールとはどのようなものでしょうか?以下に、コンサルや投資銀行をはじめ、面接対策を熱心にしてくるプロフェッショナルファーム志望者の「残念な強みアピール」3大典型的パターンと共に、解説いたします。

コンサル・投資銀行の面接で「強み」を聞かれて失敗する3大残念パターンとは?

面接でよく聞かれる「あなたの強みはなにか?」という質問に関してだが、付け刃の英語力や持ち前の「コミニュケーション能力」を振り回そうという学生諸君は、この節を読んで本当によかった。
 それらへの評価は、他に威張るものがないか、売るものを間違っているかのどちらかとなる。以下では面接でやってしまいがちな、「強みアピール」失敗の典型的パターンを解説しよう。

①自己アピールする強みは、就職志望先で活かされる強みでなければ意味なし

 強みを語るときにまず重要なのは、「業務内容で活かされる強み」だということだ。コンサルだろうが、投資銀行だろうが、はたまた違う業界だろうが、面接では、必ず「あなたの強みは何ですか?」と聞かれる。
 この時、たいていは質問を通じ、一年目のあなたに求められる役職をうまくこなせるかどうかをチェックしている。
 「自分は役に立つ」と思ってもらいたいあなたは、当然、一年目の仕事に結びつく強みを訴えなければならない。

例えば、実際に一年目の投資銀行部門アナリストの職務8割を占めるのが“書類をパーフェクトに用意する”という作業である。
 そこに求められる能力はプレゼンが上手かったり、人との話が好きだ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける