小規模戦略コンサルファームの、4大メリットと、4大悲哀とは?

小規模戦略コンサルファームの、4大メリットと、4大悲哀とは?

BCGやマッキンゼーのような大規模ファームと、小規模ファームを比べた場合のメリット・デメリットについてStrong Career講師がご紹介します。コンサルファームなのにいつまでも小規模で成長できないファームって、大丈夫なのでしょうか?

東京大学 法学部 Hさんより質問

私は、業界ベースではコンサルを第一志望としてそれ以外は考えていないが、その中でどのファームを第一志望とするか、についてはまだ決めかねている。

そこで、BCGやマッキンゼーのような大規模ファームと、ADLのような小規模ファームを比べた場合のメリット・デメリットについてお伺いしたい。

特に、 大規模ファームと小規模ファームに受かって、あえて小規模ファームを選ぶことのメリットはどこにあるのか、という点について詳しくお聞きしたい。

講師からの返答~小規模コンサルファームの4大メリットとは?

大規模、小規模で分けることはこれも一概に言える話ではないですが、いくつか述べさせていただきます。

まず第一に、日本でのオペレーションが比較的小さいファームは、シニアの数も少ないので
早期にプロジェクトに全面的に参加させてもらえる可能性があります。(小規模所帯なりにケースが十分あればの話ですが。)中間層が少ない程、下作業以外に参画できる機会が多いのは事実です。

第二に、チームが小さいのでセクターなどで分かれておらず、幅広い経験をさせてもらえるのも、小規模ファームならではといえるでしょう。特化できない分、ジェネラリスト養成という意味ではメリットを感じることもあるでしょう。

第三に、小規模コンサルファームはアットホームなので、いわゆるアップアンドアウトもほぼありません。解雇リスクの低さも、小規模ファームならではのメリットでしょう。(ただし逆にいえば、向いてないのに長らくコンサルタントとかマネジャーでくすぶっている古株がいるのも、小規模コンサルファームあるあるです)

第四に、小規模でアットホームカルチャーなため、人当たりがソフトでいわゆるいいひとが多いのも、小規模な戦略コンサルファームに典型的にみられる特徴です。そしてあまり条件闘争に厳しい人は来ないため、草食系・農耕系と称される人が相対的に多くなります。

小規模コンサルファームの4大デメリットとは?

デメリットとしては第一に、プロジェクトの売り手が比較的少ないので、クライアントの産業やプロジェクトの種類が大手ファームに比べて限定される可能性はあります。

このことは、経営コンサルファームなのに、コンサルファーム自体の売り上げや組織が成長しないという、ちょっとクライアント向けに説明しずらい、恥ずかしい問題につながりがちです。

また、少人数で多様なケースを回すのでジェネラリストとしての良いトレーニングになる半面、専門プラクティスがあるわけではないので、専門性が弱い傾向にあります。

第二は、新卒時での基本的な能力や、仕事の大変さは大手トップファームと大して変わらないのに、給料が大手ファームの8割から半分以下の水準が多いことです。これはひとえに、プロジェクトの受注金額単価が低いからです。

新卒一年目は差が100万程度ですが、これが上に行くにつれて、下につく人数が違うので、給与の差も大きくなっていきます。ADLなどは小規模でも外資系なのでグローバルサラリー水準がありますが、国内系のCDIなどですと、ベンチマークが国内企業になるのか、より一段と給料は低まります。

例えば日系の独立系小規模ファームで一定の存在感があるCDIでは、主任と呼ばれる新卒2年目程度までは、ベースが500万前後でボーナスも一割程度です。

昇進した副査と呼ばれるランクで、700万弱の年収。新卒7年目からの主査と呼ばれる、2段階昇進したレベルで800万~1200万前後で、ボーナスは最大30%前後まで上がりますが、大手外資コンサルに比べれば半分以下の水準です。また国内系ですと国内の業績がもろに給与プールに響くため、業績に連動してタダでも高くない給与が、カットされることもあります。

第三にあげられるデメリットは、やはり認知度の低さです。業界内部でしか名前が知られていないことが多く、これが受注金額の低さ、給料の低さ、優秀な人材の退社に繋がります。

第四にあるのが、後継者問題です。総じて古株のマネジメントがお互いを守りあっているので、外部から新しい血を入れることに抵抗感があるケースが多く、結果的に次世代経営陣がいつまでも育たない、という問題が挙げられます。

また高齢の古株コンサルタントが長らく経営を牛耳っているので、新しいデジタル化の波に対応できず、コンサル業界の激変に対しても有効策を打てず、相対的な業界ポジションが低下していくファームも多々あります。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69