投資銀行からの転職~リストラ対策でホームパーティが重要なたった一つの理由とは?

投資銀行からの転職~リストラ対策でホームパーティが重要なたった一つの理由とは?

外資系企業では3ヶ月単位でクビになることは当たり前である。そして人員削減予告があった時に動き出しても遅いが現実だ。このような市場にいる人は環境の厳しさを十分理解した上で日頃から“自分と言う商品"を磨き上げて欲しい。

投資銀行からの転職~リストラ対策でホームパーティが重要なたった一つの理由とは?

最近、外資金融(主に投資銀行)の東京支店に勤める友人複数名から、いいヘッドハンターがいないか紹介を求められている。

社内で近く大規模リストラ第二弾がある旨、グローバルに通知がなされたのだ。

数ヶ月前の第一弾では5%程度の人員削減だったが、今回は大ナタを振るうと宣告されているらしい。MDに相談してもナシのつぶて。

そもそもMDはおろか、部門ヘッドすら首を切られかねない状況なのだから。

外資系企業のリストラ事情〜3ヶ月単位でクビは当たり前!?〜

現在、退職パッケージも一昔前のような一年、二年というものではなくなり、3カ月が相場、ごねてごねてごねまくって6カ月が関の山、というご時世である。

確かにアウトバウンド(国内企業の海外企業買い)ディールは増えているが、史上最長の金融緩和が続いているのにトレーディングボリュームも萎み、キャピタルマーケットも ピークアウトが見えていて、環境的に先行きが怪しい。
実際に人為的とはいえ好景気が続いているのに、多くの投資銀行が減益を記録し、大幅な人員削減に乗り出している。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける