プライベートエクイティ入社後にクビになる、「アウトな人」3大ポイントとは?

プライベートエクイティ入社後にクビになる、「アウトな人」3大ポイントとは?

プライベートエクイティ転職に成功したからといって、必ずしもそれが自分にとってもPEファームにとっても良い結果に繋がるとは限りません。会社とのカルチャーフィットを面接で見抜くのは難しく、結果的にPE及び会社に全く向いていない、「絶対にアウトな人」が転職してくることも。本コラムでは、プライベートエクイティ入社後、社内で嫌われる人の典型パターンを解説し、そこから得られる教訓について解説します。PE入社後に「アウト!」認定されないために、絶対に気を付けるべきたった一つの基本とは?以下を御参考ください。

履歴書・面接で見破れない「職場での相性」


プライベートエクイティ転職に成功するひとは、エリート中のエリートだ。名門大出身なのは当たり前。ゴールドマンやマッキンゼーでの経歴も特に普通。コロンビア大学のMBAをもっていても「ああ、ニューヨークいったんだね」といった感じだ。


こうした「地頭のよさ」と「勤勉さ」は履歴書等で可視化されるので分かりやすい。他方で、入社後の「相性」や「ケミストリーフィット」というものは、面接をしてもなかなか見抜けない。だから、「ちょっとやばいひと」たちもプライベートエクイティに入社してくる。


本コラムでは、プライベートエクイティ入社後社内で嫌われる人の典型パターンを解説し、そこから得られる教訓について述べてみる。


もったいぶったエリートは即アウト


大企業を創業したり頂点まで登りつめたりする人ほど、能力もさることながら人格も一流なものだ。謙虚且つ人格者でないと良質のクライアントや取引先もつかないし、社内の人間も、そのリーダーにはついていかない。


しかし、それに気づかない若手の自称エリートは意外に多い。


最近は、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける