コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサルティングファームに入社後、自身の希望のプロジェクトに入れるかは、オフィスとの忙しさと自分が周りから信頼されているかにかかっている。最初は自分が価値を出しやすい案件でパートナーから信頼を得ることが大切である。

コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

慶応大学法学部Hさんより質問

以前、コンサルティングファームで働いている方に、アサインされるプロジェクトをコンサルタントが選べるのか、と聞いたところ、基本的には選べない、という回答をいただきました。

では、コンサルティングファームにはそれぞれ得意な分野がありますが(例えばRBなら自動車、等)、どのファームに行くかによって、アサインされるプロジェクトに偏りが出てきますか。もし出るのならば、それはどの程度ですか?

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける