プライベートエクイティからの転職~そのキャリアパスとは?

プライベートエクイティからの転職~そのキャリアパスとは?

プライベートエクイティ業界に転職した後のキャリアパスはどうなっているのでしょうか?PE転職後、そのままディレクター、パートナーと順調に昇進できるのは1割未満です。大半はどこかのタイミングでPE業界の外に出るわけですが、この選択を間違えると、たちまち悲惨な転落キャリアに。以下ではPE業界で長年勤務するストロングキャリア講師陣が、豊富な実例をもとに、プライベートエクイティからの転職先、キャリアパスをまとめて解説致します。

プライベートエクイティからの転職そのキャリアパスとは?

プライベートエクイティに転職した後のキャリアパスは、どうなっているのだろうか?

代で投資銀行やコンサルからPE未経験で採用されると、年はアソシエイトとして勤務する。 

その後、ファームに活躍・貢献を認められれば、ディレクターにあがり、そこで年なり年なりを過ごしてパートナーに上がるか、ディレクターどまり(つまり上には行けないので他探したほうがいいですよ、という扱い)になるかが見えてくる。 

プライベートエクイティ転職後、その%はパートナーに昇格できない実態と転職先

プライベートエクイティ転職後に大半はパートナーになれない!勝ち組転職パターン

コンサルや投資銀行から、仕事の“手触り感”や株主としての経営フルコミットメントを求めてプライベートエクイティ転職を果たした貴方。

しかし結局は月一の取締役会や新設した謎の経営会議、時折行く合宿形式のビジョン研修などでは、「このままでは本当の経営力はつかない」という、コンサル時代に感じたのと同様の焦りを感じ始める。 

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける