日系証券会社がゴールドマンサックスに永遠に勝てない、3大理由とは?

日系証券会社がゴールドマンサックスに永遠に勝てない、3大理由とは?

人材の差、カルチャーの差、リーダーシップの差が大きい日系証券会社と外資金融、特にゴールドマンサックスとの違いについて論じます。

京都大学大学院 経営管理大学院 CKさんより質問

A.私が日本金融機関と外資系金融機関の違いということを考えた場合には、1蓄積されているノウハウの差、2会社の文化の違いにあるのではないか、と考えています。

1に関しては、ファイナンスの理論自体は日本の金融機関も高いレベルまで研究しているのだとは思いますが、それを実際の顧客のニーズや現実の商品まで落とし込むまでのノウハウに差があることが、外資系金融機関の強みなのではないか、と考えています。

また、2に関して、インターンや社員の方々と話していて感じたことは、日系と外資系では文化の違いがあり、結果を出すために猛烈に仕事に打ち込むことやそれに報いる責任と裁量、待遇を提供することで、優秀な人材が集まってきているのではないかと考えています。

今回セミナーでは、この認識が正しいかどうかということや入社後になって分かるような特徴があれば教えていただきたいです。

B.外資系金融機関の今後の展開
現在、日本のマーケットの伸びに比べて、アジアのマーケットの成長が著しいと思います。様々な金融機関の説明会でも、そのことが強調されているのですが、私は、そのことが直接日本を拠点とする金融機関の利益に直結しているとは思えません。

もちろん、アジア全体のマーケットの成長は、日本企業のアジア展開を加速させ、M&Aや資金需要は増えるのだと思います。

しかし、アジア全体を見回したときに、シンガポールや香港というアジアの中心になりうる国やマーケットが存在しているわけで、そちらを核に成長してしまって、日本が取り残されてしまうのではないかと考えることができると思います。

この考えが正しいのかどうか、また正しいとするならば、どのような方法や戦略で、アジアにおいて、日本を拠点とする金融機関が他の国や地域よりも利益を得ていったらいいのか、ということについてお考えを聞かせていただきたいと思います。

講師による回答

問題意識溢れるご質問ありがとうございます。
まず一点目ですが、蓄積されているノウハウの差というより、グローバルなトップタレントを惹きつけられるかどうかで金融機関のグローバルな強みは変わります。

日本国内だけで勝負するなら、日本語で守られているので野村が勝負できるのですが、世界に視野を広げると、野村の存在感はごく微々たるものです。

なおグローバルなタレント獲得競争では、リーマンショック前まではアメリカの御三家が争っていましたが、いまやゴールドマン一強で、あらゆるリーダーシップがゴールドマンにより発揮されています。

二点目の文化の差ですが、これは一点目と関連していますが、トップタレント...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける