コンサルケース面接対策は嘘だらけ!!無意味!!「ケース面接対策の罠」

コンサルケース面接対策は嘘だらけ!!無意味!!「ケース面接対策の罠」

市販でよく見かけるケース面接対策本。 その落とし穴を外資コンサル所属のStrong Career講師陣に伺います。

市販のケース面接対策本を、鵜呑みにしてはいけない

新卒にしても、転職志望者にしても、相変わらずケース面接に関して色々SRONG CAREERに質問を寄せていただく機会が多い。

STRONG CAREER設立当初(当時は外資セミナー)と異なり、いまやどの本屋の就職対策コーナーもケース面接対策本で埋め尽くされている。

しかしながら、誇張と無責任な断言のない就職対策本は存在しない。
売ってる本は作者が誰なのか、どんな誇張があるのかを注意深く見て、本の内容(元コンサルが書いていると謡っているもの等)を鵜呑みにするな、と忠告したい。

本当にプロが書いているのか?

東大の学生や内定者で、コンサルをまだ経験していないか数年しか経験していない人が書いている本は、大学受験のテキストのようで形式的なテクニックがふんだんに盛り込まれているが、やはりコンサルタントとしての実際のビジネス感や現実性が乏しい。読んでいて、「この人はたまたま受かっただけなのに、ケース面接のプロと誤解しているな」と思わせる表記も多く目につく。

ないし、コンサル出身者でもない転職エージェントや、いわゆるセカンドティアのコンサルファームで数年在籍し、うだつが上がらず首になって学生相手のキャリアアドバイスなどをやっている人がケース面接対策の本を読んだ内容を、あたかもプロのように講釈している姿は、まさに圧巻である。試しに彼らが用意してきていないケース面接を出してみよう。まったく対応できずに、あたふたその場を濁して逃げてしまうことであろう。

また、海外のケース面接対策本も、MBA卒を対象としたもので新卒のケース面接やローカル採用の日本人転職者向けに日本人のコンサルタントが出すケース面接としては、内容が全く異なることにも注意したい。

そこで、面接対策する上での、外資コンサル/外資金融の世界で長年働き、同僚も世界中のマッキンゼー、BCG、ADL,ベイン、ブーズアレン(現・Strategy &)のプリンシパル/ジュニアパートナークラスに出世した今、最近彼らと話して感じた”面接対策典型的落とし穴”について、少しシニアの視点から書いてみたいと思う。

失敗例①:フレームワークを連発するが内容が超絶つまらない回答は問題外

まず、ケース面接など所詮対策次第でなんとでもなることが浸透しており、面接官である我々の側からすると、フレームワーク対策がちがちで、つまらない内容の無いことをぶつぶつ言われるのが一番キツイ。

所詮、論理的に超賢い、などというのは(ある程度賢い人の間では)あまり差がつかない。

面白みのある、センスのある話を、ある程度論理的な全体感の中で話せているかどうかが肝心なのだということを強調したい。

全然目新しくもない、面白くないありきたりの話を、いかにも“対策してきました系“のフレームワークで話されるうんざり感は、堪らないものがある。

失敗例②:ケース面接対策学習丸出しの、画一的なマニュアル対応

そもそも、同じマッキンゼーでも面接官によっては拘るポイント、好きなタイプが違う(ベースで共通する部分はあるが)。

当然基本的な指針はあるが、細部のアプリケーションや決断はケースバイケースであり、個別の文脈と空気を読むしかないのである。(一定の指針は当然当セミナーでも提供しているが。)

中にはケース面接なんてどうでもいい、と思っているパートナーも存在するのだ。

またケース面接でヒントを出したり反論をしたときに、うまく意見を取り入れてアイデアを消化させる知的マナーを有しているかどうかや、分析対象の優先順位付けするときのロジックの確かさ、また解決策を出すときの発想の豊かさ、そして「当たり前プラスアルファ」を言えるセンスなど、人によって見たいポイントは微妙に変わってくる。

にもかかわらず、空気を読まずにマニュアル的な対応しかできない人は、総じて話していても会話にならず、面接官としても面白くないので、よい印象は与えられないのである。

失敗例③:過度な緊張、面接官を絶対視して恐れおののかない

また、面接を受ける側からすると面接官は偉大な知的権力者に思えて怯みがちであるが、残念ながら入社数年間は所詮、社内ではデータ集めとパワーポイント作成の下働きを始めたばかりで、上のマネジャーやその上のディレクターから毎日、コンサルとしての仕事の出来を詰められている人達である。

そしてそのマネジャーやディレクターも、日頃クライアントに毎週散々怒られているのだ。

面接官の知的レベルを、過度に恐れてはいけない。相手を過大評価して緊張しても、百害あって一利なしである。結局のところ、全知全能のアドバイザーなどおらず、肩書きの凄い憧れの会社のシニアマネジメントでも、結構的外れで適当なアドバイスをしてくることを肝に銘じたい。

「10の法則」や、「コレをやったらレッドカード」系の、浅薄な内容を信じない

約 15年間、この業界で働いて実感するのだが、その業界で長年働いて現場を理解していて、しかも就職活動者が本当に聞きたい/知るべきポイントの両方を理解して、かつキャリアという人の非常に大切な決断に関するアドバイスに誠実さと責任感を本気で感じている人に相談する必要がある。また我々もそうでなければ就職アドバイスなどしてはいけない、と思っている。

また、メディアでマスマーケット相手に売る為、大勢を対象とした、過激な誇張や断言が必要になる。結果的にそのアドバイス内容は、極端で、あまりにも抽象的で、ありきたりで、曖昧で、誰にでも言えて、誰にでもあてはまる無責任な精神論に終始する。

私が一番嫌いなのは、目を引くために”就職活動で失敗する10の法則~” ”これをやったら絶対レッドカード”等の、読者からの目を引くために、わざわざキャッチーな単語で頻繁に”客を寄せ付けるためだけに”更新される就職アドバイスコラムの数々である。

最後に強調するが、外資セミナーを含め、どの就職アドバイスに接するにしても、面接が多様な個性を持つ人間相手の面接である限り、絶対の解は無い。

是非特定の回答やコメントを絶対視することなく、あくまで多様な成功事例からご自身にフィットする成功要素を取り入れて行って欲しい。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69