ドイチェ証券への転職・就活をする前に知りたい、3大リスク

ドイチェ証券への転職・就活をする前に知りたい、3大リスク

欧州最大の金融グループでグローバルブランドも有していますが、日本市場における投資銀行業務は縮小気味で、業界ポジションも2000年代の拡張期に比べ、随分低下してしまいました。その3大リスクを解説します。

ドイチェ証券と他の投資銀行を比べたときの大ポイントとは?

ドイチェ証券は欧州最大の金融グループで欧州では伝統的にTierのポジションを誇ってきました。

しかし日本では後発であり、後発欧州系投資銀行の典型的悲哀を感じさせる停滞が続いています。

そんなドイチェ証券への転職・就活を希望する際に、知っておきたい大ポイントを解説します。

.後発投資銀行にありがちな、中途大量採用と出入りの激しさ

ドイチェ証券は年代中盤、日本で業務を拡大すべく、他の外資系金融機関や日系金融機関、また他業種からも広く優秀な人材を集め、成長していました。

しかし中途採用組を金銭的条件で大量に採用したため、生え抜きの愛社精神は育たず、投資銀行業界特有の社内政治で多くの優秀な人材を失いました。

投資銀行は総じて部門ごとにほぼ別会社、部門の中でもインダストリーなどチームのマネジングディレクターの個性次第でチームが別会社といえるほど、カルチャーが変わります。

経営陣が変わればMDが変わり、MDが変われば下のマネジャーも変わり、マネジャーが変われば下のアソシエイト、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける