外資金融の仕事が退屈過ぎる!?~投資銀行後の転職先3大パターン

外資金融の仕事が退屈過ぎる!?~投資銀行後の転職先3大パターン

投資銀行に就職したはいいものの、激務で仕事も退屈で、そもそも自分に合っていないのではと気付き始めていませんか?しかし給料も中途半端に高く、激務で転職活動をする時間もない中で、最初の転職は不安なものです。投資銀行から転職するのは、上司と合わなかったが仕事自体は向いている場合のみ、競合他社に移りましょう。転職したい理由がそもそもこの仕事が向いていないからという場合は、仮に解雇されて競合に転職できても、ほぼ同じ運命が待っています。若い間にバイサイドか金融以外の道への転職を模索しましょう。

外資金融の仕事が退屈過ぎる!?~投資銀行後の転職先3大パターン

大手投資銀行勤務者からの質問

新卒から投資銀行で働いております。
仕事に面白みを感じられず、転職を考えております。投資銀行卒業後のキャリア戦略として、どのようなパターンがあり、ご自身のご経験からどのパターンが最もおすすめでしょうか、ご教示ください。

Strong Career講師陣(欧州系投資銀行経験者)

やってしまいましたね、ただご安心ください、非常によくある相談です。
投資銀行の仕事は、下っ端のころ、特にアナリストのころは、つまらない仕事をアウトソースできる下もおらず、あらゆる面倒くさい作業が自分のところに降りかかってきます。

これがアソシエイトになっても、たいがいアナリストに振った仕事のチェックで時間をとられ、また総じてミスだらけなので結局、悲惨な仕事に長年追われ続ける羽目になります。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける