苦痛キャリア!外資系投資銀行の仕事がつまらない~投資銀行後の転職先3大パターン
「外資金融キャリア相談」の詳細カテゴリ
F79df21b 547d 4367 a050 6d311f033a89 182e9d18 19f9 469a b3de 11580de7d7a6 2222bb47 8d71 435d be5a 9f96bada2b6c 7555687f ad8b 4cc5 afaf 1c4f2db97087 F709b211 18c6 4a7c 92ef 1a76825adc5f E301cf6e f223 4680 a58f dc860aeedc2a

苦痛キャリア!外資系投資銀行の仕事がつまらない~投資銀行後の転職先3大パターン

投資銀行のジュニアは、高い給料だが、仕事内容はつまらない単純作業であることが多い。その理由と投資銀行後の転職先3パターンをStrong Career講師陣が提示する。
Thumbnail 08718880 1dd5 4fbc b4f9 7601adddb9af
StrongCareer編集部

大手投資銀行勤務者からの質問

新卒から投資銀行で働いております。
仕事に面白みを感じられず、転職を考えております。投資銀行卒業後のキャリア戦略として、どのようなパターンがあり、ご自身のご経験からどのパターンが最もおすすめでしょうか、ご教示ください。

Strong Career講師陣(欧州系投資銀行経験者)

やってしまいましたね、ただご安心ください、非常によくある相談です。
投資銀行の仕事は、下っ端のころ、特にアナリストのころは、つまらない仕事をアウトソースできる下もおらず、あらゆる面倒くさい作業が自分のところに降りかかってきます。これがアソシエイトになっても、たいがいアナリストに振った仕事のチェックで時間をとられ、また総じてミスだらけなので結局、悲惨な仕事に長年追われ続ける羽目になります。

一昔前、投資銀行が一番儲かってグローバルな仕事、という幻想があった時代はこれに耐え忍んで頑張った人もたくさんいます。しかし今では、投資銀行がIT企業や総合商社、スタートアップなどとの人材獲得競争に負けて、仕事量もずいぶん減らされてきました。しかしそれでも、無駄に思える雑用が深夜まで続くことが多いのは、変わりません。

しかし一方で、このような仕事が好きで、頑張れてしまうひとも一定数存在します。わたしの周りにも、4年ほど働いてゴールドマンを辞めた人がたくさんいますが、意外と「優秀な人と一緒に働けて、いろいろ勉強になった。他にやりたいことができたから転職する」と、ポジティブに出ていく人も結構いるのです。当然、「こんな泥作業ばかり、やってられない、頭が腐る!」といって攻撃的にやめていく人もいれば、一年と待たずして、解雇される人もたくさんいます。(以前よりは、解雇される人が格段に少なくなった印象ではありますが。)

さて、本題に戻りましょう。面白みを感じられないのならば、どっぷりつかって、なまじっか給料が数千万円になって機会費用が高くなって出られなくなる前に、とっとと踏み出しましょう。なお仕事が忙しすぎて、転職活動すらままならないことがありますが、最近は「次の転職先」を決める前に、会社を辞めて自分でゆっくり考える時間を持つ人が増えているのも実情です。

では、投資銀行後のキャリア戦略ですが、これは結局、ご自身のキャリアゴールが長期的にどこにあるのか、自分自身の中にしかない答えを探さなければ、他人の転職キャリアを聴いたところで、あまり意味がありません。(もちろん、その人が、ご相談者様と同じようなキャリアビジョン、特性を持っていれば別なのですが)

しかし、多くの投資銀行社員と同じで、「何がやりたいのかなんて、わからない」という状態なのだと想像させていただき、他人の事例が参考になるかは別にして、典型的な3パターンを書かせていただきます。

1投資銀行競合へ転職

これは、仕事には向いていて適性があり、会社からの評価も高いが、社内の嫌いなボスと会わない、部門の業績が悪くて、働きぶりがよくてもボーナスに反映されない、などの、「自社イシュー」の時に見られる転職パターンです。とくに、あなたが自分の会社でスタープレーヤーであればその名声は、業界が狭いこともあり業界内にすぐ広まるものです。アナリストならアソシエイト、アソシエイトならバイスプレジデント、ディレクターならマネジングディレクターと、昇進付きで引き抜かれることも少なくありません。

逆に、自分の会社は解雇されたけれども、競合他社が人材を探していて、あなたの評判がレファレンスチェックでそれほど悪くなければ、同じく競合他社に救われることも、よくあるパターンです。中でも、競合他社に仲のよい人がいて、首になりそうになったらその人に打診して入れてもらう、というパターンも、よくあります。

2バイサイドに移る

これは、私個人の経験からおススメのパターンです。新卒でいきなりバイサイドに入ることは難しくても、セルサイドで数年基本を叩き込まれたのち、バイサイドで一気にお客さんの立場になったとき、その労働環境の違いに驚かれることでしょう。

大手バイサイドならよっぽど給料も上がるのに、仕事量が格段に少なく、かつ周囲から大手顧客投資家として王様扱いされることに、最初は困惑されるでしょう。

セルサイドと異なり、バイサイド大手投信などは、企業の中では下っ端でも、ひとたび外に出ると、企業にとっても、あらゆる証券会社、投資銀行にとっても、ありがたいお客さんです。金融の仕事は好きだけど、セルサイド投資銀行の労働環境はたまらない、という人は、バイサイド転出をお勧めします。

3金融から足を洗う

金融業界がそもそも向いていない場合、それを受け入れ、早期に、次こそ「ご自身の興味と強み」が活かされる仕事に転職されることをお勧めします。総じて新卒で投資銀行を選んだりする人は、保守的で、伝統的なエリート主義に弱く、周囲から“エリート企業だね”と思われなければ不安、という人も、少なくないものです。そんなときに、「自分の好きなこと、強みに向き合ってほしい」といったところで、これまでの人生でしみ込んできた信念「おれはエリート組織に所属していたい」という呪縛から、逃れられない人も多いものです。

向いていないなら、金融機関の外に一度出てみるのも良いのでは

しかし、実際グローバルで見れば金融機関はトップティアの選択肢でなくなってきていますし、そもそも、トップティアがどこに行くかなんて、個人の判断として重きをおいてはいけないのです。まだリスクをとれる若い間に、失敗してもいくらでも戻ってこれるオプションがある今の間に、そもそも向いていなかった金融業界に見切りをつけて、次こそ「他人がどう思うか」ベースではなく、「自分がやりたくて、強みが発揮できる仕事か」をベースに、自己実現キャリアを歩まれてください。

陰ながら、応援しております。




連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69