PE面接緊急特集:「コロナの影響」を聞かれた時の理想回答を徹底検証!

PE面接緊急特集:「コロナの影響」を聞かれた時の理想回答を徹底検証!

プライベートエクイティ業界も、2020年初頭のコロナショックの影響を大きく受けています。しかし面接でポスト・コロナのプライベートエクイティ業界を論じるとき、バリュエーションが低くなるや、上場が難しくなるなどの、まさに誰でも答えられる話しかしない、残念無念な人が増えています。表層的な話をPEファンドへの面接でしてしまわないよう、本質的な実態を以下に解説します。

ポストコロナのプライベートエクイティ投資環境、どう変わるのか?

せっかく手にしたプライベートエクイティ面接という晴れ舞台で、コロナのPE業務への影響につき意見を求められ、月並みな回答をして自爆してはいないだろうか?「今こそ、割高だった会社が安く買えるチャンスだと僕は思います。」といったところで、その文章の「僕は」に意味はない。それしきの一般論は、毎日日経新聞に書いてあるからだ。

 

採用側で数多くのプライベートエクイティ面接をこなしてきた筆者としては、もう1パターンの面接者も目の当たりにしてきた。それは、月並みな回答を避けるため、控えめな一般論でそのトピックをできるだけ早く終わらせようとしてくるタイプである。

 

「ほんと、色々チャンスは巡ってくるとおもうんですよね。ただポートフォリオ企業のエグジットにはマイナスでしょうね。うーん。」と、やや微笑を浮かべながら、コロナの話題の一件落着の雰囲気を醸成してくる輩たちである。筆者にいわせれば、新卒入社等ジュニア採用でもない限り、月並み回答で自爆するタイプと同じく減点対象だ。

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける