投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?

投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?

投資銀行の年収の実態とはどのようなものなのでしょうか?よく日本の上場企業平均年収ランキングなどで、2000万そこそこの会社が一位として騒がれますが、投資銀行の年収の実態と比べれば、その数字は随分と霞ます。新卒で1000万を優に超え、3年目で2000万、5年目で3千万、30そこそこで部門を率い、30前半で億越えの年収を稼ぐ人も存在します。若くしてマッキンゼーの数倍の水準を稼ぐ人が多いのですが、なぜこのような高収入が可能なのでしょうか?またどの部門が稼げるのか、日系投資銀行との比較付きで解説します。

投資銀行転職後の年収の全て何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?

外資系投資銀行の給与は、高いです。新卒で入った途端万、年目で万、年目で万に迫る人も。そこそこで万貰うディレクターになる人もいますし、半ばでMDとして億越えの人もいます。

給料としては、リーマンショック以降ボーナスが下がりベースが上がっていますが、長期間の政策的ブルマーケットが続いたおかげで、トータルパッケージは他業界の追随を許さない水準を謳歌しています。 

投資銀行の年収はなぜこうも高いのでしょうか?万というとマッキンゼーのアソシエイトパートナーと同水準ですし、シニアパートナーでも一億もらう人はそうはいません。

それにくらべ、どう見てもスキルが偏っており、年齢も若く経験も限定的なのに、若くして高額の年収を手にする投資銀行。

その年収の実態と高所得の理由を解説します。 

投資銀行の年収が、若い時から高い大理由とは?

投資銀行のフロント業務の年収が高い理由は、第一に規模の経済が働くビジネスであること、第二に規制産業で参入障壁が高い事、第三に(外資系投資銀行に関しては...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける