複数内定と内定辞退~戦略コンサルと投資銀行どちらに行くべきか、3大比較ポイント

複数内定と内定辞退~戦略コンサルと投資銀行どちらに行くべきか、3大比較ポイント

戦略コンサルと投資銀行のIBDどちらをファーストキャリアにすれば良いか、悩む就活生が多いと思います。とくに同時に複数内定すると、悩んで当然です。ここでは一般論としてどちらが御勧めかというご質問ですが、就活に一般論は不要です。大切なのは自己分析と照らし合わせた、個別具体論なのです。しかしそれでも強いて一般化するならば「何が何でも両方経験したい」と思い込まずに、新卒給料のたかだか数百万の差に踊らされず、週末でもやりたいような胸がときめく方を選ぶことをお勧めいたします。

複数内定と内定辞退~戦略コンサルと投資銀行どちらに行くべきか、3大比較ポイント

新卒就活生からの質問

就活生です。戦略コンサルと投資銀行(IBD)から内定をいただき投資銀行に決めようとしているのですが、踏ん切りがつきません。比較する点は主に3点あり、

1. 年収・ネームバリューでは投資銀行
2. コンサルは中途でも入りやすいがIBDは入りづらい(?)
3. 将来的にやりたい事はコンサルティング

両業界経験者の方がいらっしゃればどういった視点で考えるべきか、一般論としてどちらがオススメか教えてもらいたいです。

Strong Career講師からの回答(元投資銀行→戦略コンサル経験者)

上で挙げられた3つの要素のうち、あなたにとって最も大切な”仕事の基準”は何でしょうか。一般論ではなく、個人的な納得感を醸成するための優先順位付けが重要です。

この3つのうち、1と2は”投資銀行スタート”、3は”コンサルスタート”を示唆しています。ただ心理的に一番大切なポイントは最後に持ってくるので、結局のところあなたはコンサルをされたいのではないですか?

端的に申し上げれば、1は的外れ、2はある程度の年齢を超えるとその通り、3なら、どちらでもいい気がしますが、結論から言えばコンサルに行かれてはどうですか、というところです。ただし、最後はご自身が納得できる答えを自分で決めましょう。

以下を検討の視点として提供しますが、最後は”一番ワクワクする仕事で初めて全力投球”が正しいかと思います。

というのも、人は結局、「週末や金曜日の夜にその仕事やってても楽しくて仕方ない」みたいな仕事と職場環境を選ぶことが、キャリア上(および人生の)成功にとって、最も大切だからです。(勿論、個人によって判断は変わりますが)

就活や進路の決断に一般論など存在しない―具体的な状況と個人の意向次第

進路の決定に一般論などなく、個人の適性とビジョンと、来ているオファーの具体的内容次第です。

例えばコンサルのあとにPEを目指されるのでしたら、トップティアバンクでのIBDのMA経験は重要なステップです。しかしながら、仮にずっとコンサルティングをされたいのでしたら、その限りではありません。しかしやりたいことは将来ほぼ変わるので、選択肢を広げるオプションも悪くありません。

私は投資銀行を先に行って次にコンサルでしたが、その順番でよかったと思っています。ただし人によって違うので、以下の視点をご参考に、あとはご自身で決断されてください。

新卒時の、給与の差などせこいことを気にしてはいけない

まず、新卒から数年の年収など、コンサルにしても投資銀行にしても数百万の差であり、税金をひかれるとさらにその差は縮まります。自分がどの分野で成長したいと思っているのか、自分は何が好きで、何に向いているのかを優先して進路を決めましょう。

投資銀行は2020年代に入った時点で、新卒はボーナス、サインアップ、ベースを含めて1000万スタート水準になっています。コンサルはトップティアでも600万前後。しかし近年は日系企業も1000万採用枠を始めたり(これは採用コストに払う金額を給料に上乗せしただけで多くの優秀な人が集まるので、もっと他もやればいいと思うのですが)、資金調達に成功したベンチャーが800万、1000万を提示したりと、若手採用難で全体的なベースが上がっています。

しかしこの数百万の差は、長期的なキャリアを考えれば、まったくもって大したことがないのです。(短期間で数百万でも多く溜めて家計を支える、や、留学費用を自力で稼ぐ、などでしたら別ですが。)

コンサルから投資銀行より、投資銀行からコンサルのほうが、楽しいことが多い(勿論人によるが)

「2.コンサルは中途でも入りやすいがIBDは入りづらい」説について私見を述べます。私もまず投資銀行に行き、次に戦略コンサルに転職しましたが、順番的には私にはそれがあっていました。

コンサルと投資銀行、両方経験されたい理由が特にあるのであれば、コンサルは30前半でも未経験で入る人がいます。しかし投資銀行になると、若手がやるアナリスト・アソシエイトの仕事は30を超えて始めるにはかなりきついものがあるのは事実です。

また、投資銀行のアナリストなど若手の仕事は体力勝負で比較的、あまり面白いとは言えないものが多いため、面白い仕事をした後に転職すると、そのギャップに戸惑うかと思います。

この意味で、先に投資銀行のアナリストなどをやっておくと、(たまにその仕事を楽しむ方もいらっしゃいますが)、その後何に転職しても前職よりは楽で楽しい、と思えることが多いです。


とくに、コンサルに転職して、「仕事時間が減った、24時前に帰れる」などと喜べる前職は、投資銀行くらいでしょう。

総じてコンサルは仕事のプロジェクトの幅が広いので、投資銀行よりかは30代前半、MBA卒業後の転職キャリアパスが多いのも事実です。

将来やりたいのはコンサルだが、若いときにIBDで学びたい時

3つ目のポイントである、「将来的にやりたい事はコンサルティング」について私見を述べます。

基本的にやりたいことを遠回りせず、始められることをお勧めします。もちろん、投資銀行のM&Aチームでファイナンスの基礎、モデルの基礎を叩き込み、ディールを回すプロセス管理をできるようになることは、PEや財務系のキャリアを志向される際に、よい経験になるでしょう。

また、投資銀行がトップティアネームで、コンサルファームがセカンドティアであれば、将来の選択肢を広げる意味でも、投資銀行を先に経験されるのもよいかもしれません。

もちろん、これもご自身が職場とキャリアに何を求めるか次第なのですが(そしてそれを自分で正確に把握するのは、まだ職務経験が無いだけに難しいのは百も承知なのですが)、たとえばゴールドマンとマッキンゼーの比較であれば、コンサルやりたいなら答えは明確です。

しかしながらゴールドマンとCDIなら、労働環境やカルチャー、その後の転職先など、その後の人生の展開がかなり変わってきます。(CDIも非常に優秀で人の良い方が沢山いらっしゃいますが、グローバル環境や年収を重視する方には、全く向いていないのです。これが、一般論ではなく、御自身の個別具体論で考えなければならない所以です。)

末筆ながら、基本的に御一考をお勧めしたいのは、「何が何でも両方経験して勉強しなければ」という謎の呪縛から自分を解き放つことです。やりたいこと、天職には、「自分に向いてないけど勉強したほうがよさそうなことの積み上げ」からは、到達できないものです。基本的には「自分が好きで、ワクワクする仕事」からロケットスタートダッシュを切られることをお勧めします。

*会員登録されますと、会員限定コラムへのアクセスや、志望業界で働くストロングキャリア運営チームへの無料キャリア相談、プライベートエクイティ、コンサル、外資系投資銀行の優良案件のご紹介、会員限定ウェビナーなど多彩な特典を受けることが可能です。

お知らせ・おすすめ記事

プライベートエクイティ面接対策100本
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職

もっと読む































閉じる
戦略コンサル転職対策100本
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
テキスト購入者様からの評価
テキスト購入者様からの評価
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??

MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?

もっと読む






























閉じる
外資系投資銀行面接対策100本
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!

外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?

もっと読む
















閉じる
新卒ハイレベル就活
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?

エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信

経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
チームメンバー紹介:野間円
チームメンバー紹介:野間円

もっと読む











































閉じる
プロフェッショナルスキル研修・財務モデル編
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)

財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!

企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?

もっと読む



閉じる
総合アクセスランキング
カテゴリランキング