「残念就活生」と「ハイレベル就活生」を容赦なく分断する、3大典型ポイントとは?

「残念就活生」と「ハイレベル就活生」を容赦なく分断する、3大典型ポイントとは?

“どんな学生を雇いたいと思いますか”“優秀な学生って、どんな人ですか”について講師に伺いました。そもそもそういう質問事態が「残念質問」の典型例なのですが、賢さよりも信頼、論理だけでなく共感、そして質の高い質問に、その人の成熟度がにじみ出るものです。要するに「信頼できる人間だ」「その成功を助けてあげたい」と思われるキャラかどうかですが、その要素を見てみましょう。

素晴らしい就活性の特長:正直で誠実で自己認識が深く、全体的な信頼感が強い

よく、“どんな学生を雇いたいと思いますか”“優秀な学生って、どんな人ですか”とか聞かれるので、その対比を少し記しておこう。

今までの長年の採用面接経験を振り返り、素晴らしい就活生は、やはりその後の入社後も素晴らしい活躍をしている。正直で責任感があり、他人をサポートするし、何を任せても結局、他の人に頼むよりよい仕事をして返してくれるのだ。その特徴をさらにいくつか書いてみよう。

まず第一に、誠実で正直で謙虚で、協調性を備えた人達である。思慮深く、謙虚で、他人をたてるので、周りの人をやる気にさせてくれる。

ビジネスで重要なのは学校の偏差値やテスト対策のうまさではなく、信頼とチームの雰囲気を良くする人材かどうかなのだ。

第二に、回答の各ピースが一貫したストーリーを織りなしている。言い換えれば、ビジョンとこれまでやってきたこと、そして今から志望先でやろうとしていることに一貫性・連関性がある。

将来ビジョンと自己分析が繋がっており、自己分析は過去の具体例に裏付けされている。つまるところ、抽象的な言葉のむなしい組み合わせではなく、地に足がついているのだ。

今あなたが面接官に言うビジョンは、3年後にはその具体例が99%変わっているだろう。20代や30代のビジョンなど限られた経験と情報に基づいているので「具体的にやること」レベルでは変わっていって当然だ。

しかし「具体的なやること」の根底にある「価値観レベル」で、何が自分の原体験で、動機になっているかを自己認識しており、それを伝えられるのだ。

第三に、質問も知的に面白く、こちらの頭を刺激してくれる。

私にHPや他のサイトで乗っているような初歩的な質問はせず、相手だからこそ答えられる、絞った面白く意義深い質問で更に私をImpressする。

残念な学生とは:傲慢で賢ぶっていて、”この人を助けたい”という気持ちを決して起こさせない

逆に駄目なのは、上の反対なので書くこともないが、加えていくつかの典型的残念要素を言おう。

まず第一に、自己PRとは裏腹に、コミニュケーション能力が崩壊しているタイプだ。

最も多いのが「論理的でコミニュケーションがあります」、とか長ったらしくアピールしてくるタイプ。しかししどろもどろで何を言っているかわからず、まったく論理的コミニュケーション能力がないことが露呈してしまっているケースも少なくない。

かつ、コミニュケーション能力を、論理的かどうかと勘違いしている点が、すでにお寒いのである。

コミニュケーション能力とは相手が何を考えていて、感じていて、何に関心あるかを悟り、求めている情報のレベル感に合わせて端的に、かつ信頼される話し方で伝えることなのは、いうまでもない。

第二に、不遜な態度で周囲を馬鹿にした態度をとる人だ。それを隠そうと笑顔で面接官には下手に接しても、グループディスカッションや気を抜いた時に、本質的にうぬぼれた失礼な人間性が吐露されてしまうような人達だ。

日本はLand of Modesty、謙虚さが最大の美徳とされるが、待合室や受付での不遜な振る舞いが、巨大な悪印象を残すものなのである。

そして第三に最も苦しいのが、”聞かれる質問がつまらない”ことだ。採用イベントでセミナーで話していても私の時間ばかりか、他の参加者の時間の無駄になるような愚問しか振ってこない。

日常会話でも質問のセンスのない人は、面接でもセンスのない質問をするし、ビジネスでも取引相手にセンスのない話ばかり振ってしまうものである。

これらの要素を一言で言うと、”仕事を任せられない”ヤバキャラオーラ”を、四方八方に発散させてしまっているのだ。学校でのテスト勉強と異なり、記憶力や理解力だけで勝負がつくわけではない。

誠実さや正直さ、それらを含め、一緒に働きたいと思われるかどうか、そして「この人は可愛げがある、その成功を助けてあげたい」と思われるかどうかが肝心なのだ。

仕事は賢いが傲慢で周りに支援され得ない人より、勉強できないが愛すべき存在で周りの支援を得られる人の方が、よっぽど価値を生む。

結局のところ、”この人を助けたい!”と思わせる可愛げがあることが大切であり、最後「結局のところ、一緒に働きたい気持ちになるかどうか」で合否がわかれるのである。

これを機に是非、「自分は人様にとって、助けてあげたいキャラクターかどうか」を自問してみよう。

当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69