コンサル早期退職の3大パターンと、その後のキャリアパターンとは??

コンサル早期退職の3大パターンと、その後のキャリアパターンとは??

コンサル退職のパターンとは?コンサル後のキャリアとして多くの人が考えがちなMBAとプライベートエクイティ。今や、他にも魅力的な進路が増えていることを知っておきましょう。ただし、PEとMBAに過度な幻想は禁物です。伝統的エリートモデルからの決別をお勧めいたします。

コンサル退職の、ポジティブ退社・ネガティブ退社大パターンとは?


当セミナーには、大昔新卒の頃に参加して、その後、外資系戦略コンサルに順調に入り、めでたく順調に出世した後に、再度相談に訪れる人が多い。なおコンサルを辞めたい人の典型的パターンは、ポジティブなのがコンサルで学ぶべきことは一通り学んだので、次の数年間はコンサル外の方がデルタが大きいいろいろプロジェクト経験するうちに、やりたいことが分かったよりよいポジションでコンサルを使う側としてお呼びがかかった、というのが大”前向き退社パターン”だ。


逆に、ネガティブな後ろ向きコンサル退職パターンが、向いてなくて、プロジェクトにお呼びがかからず、退職させたい人が集まる悲惨プロジェクトばかり入れられるプライベートの時間が取れずに堪えられない体壊して体力の限界といったものである。


コンサル後に目指しがちな大コンサル後キャリアパターンとは?

さて、ではコンサル後にどのようなキャリアパターンが人気なのか?そこそこだと多いのが、プライベートエクイティ、MBA、そして事業会社経営部門ないし、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

✅当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム