コンサル後のキャリア―コンサル7年目で順調に昇進、、、ただ飽きた!!どうする?

コンサル後のキャリア―コンサル7年目で順調に昇進、、、ただ飽きた!!どうする?

コンサル後のキャリアとして多くの人が考えがちなMBAとプライベートエクイティ。今や、他にも魅力的な進路が増えていることを知っておきましょう。

コンサル後のプライベートエクイティ、MBAも、古い?


当セミナーには、大昔新卒の頃に参加して、その後、外資系戦略コンサルに順調に入り、めでたく順調に出世した後に、再度相談に訪れる人が多い。


丁度先日も、コンサル7年目のキャリア相談であった。東大、外資戦略コンサルときて、次はプライベートエクイティに行きたいというのだ。7年目というと30代前半なわけだが、次の一手をMBAにするか(トップ校はどこも若返りを図っているので、31,32でももう遅いくらい)、悩みどころだろう。


ただ、この選択肢は両方、もう古いのでは?という気がする。もちろん各自が何をしたいかによりけりで、古い・新しいの問題ではないのだが、今は他の選択肢もたくさんあることをお考えになったらいいのに、と思うことが少なくない。


まずプライベートエクイティだが、すでにファンドの数も増え、働いている人の数も増え、パートナー目指すなら途方もない時間がかかる。(プライベートエクイティは息の長いビジネスなので、上が中々出ていかない。)適正価格のディールがあまりないなか、あなたが獅子奮迅の活躍でディール一杯もってくるか、資金調達しまくるかでもないかぎり、昔のように”とっととパートナーになって、キャリーで大儲け”という局面は夢見にくくなっている。

(別にお金のために転職ではなく、経験、勉強のためという人が大半なのだが、30中盤になってくると、いつまでも勉強勉強などと言っている場合ではなく、一生分に必要な資産をとりあえず作っておきたい年頃なのである。)


またコンサル出身の人は、実はファイナンスの経験が無いことを内心不安に思っていたり、経営する実体験をしてみたいと思いプライベートエクイティを目指す人も多いが、別にプライベートエクイティでも経営者になれるわけではなく、あくまで取締役の立場で人を引っ張ってきたり、ガバナンス体制を構築したりなので、経営者になりたいなら事業会社に行くか、起業した方がよっぽど地に足の着いた経験ができるだろう。(かといってPEの仕事は大変面白いので、これを否定するわけではないが、あくまで本当に自分がやりたいこととのフィットを考えよう、ということである。)


なおMBAに関しては、実は世界的にMBA志願者が減っている。勿論今でもトップスクールに入るには厳しい競争があるわけだが、人口増と経済成長によってMBAマーケットも拡大の一途をたどるかと思いきや、GMAT受験者数の数は世界的に減っているのだ。


これは、レベルの低いビジネススクール(最近、日本でもものすごく増えましたよね。)が増え過ぎて、クオリティの低いMBAホルダーが増えたため、別に仕事でもつかえず、”とっても仕方ないMBA"が増えてしまったことの反動かもしれない。履歴書に書いても何のプラスにもならず、逆に”トップ校行けなかったのね”というマイナスレジュメになってしまっているケースも、少なくないのだ。


”スキル”を学ぶためにMBA留学してはならない

いまや、MBAで習う内容は果てしない安価でそれこそリンクドインのリンダやCourseraなど、オンラインで質の高い講義を格安で視聴することができる。

つまり”スキルや知識のためにMBA"というのは全くナンセンスであり、そこで得られる世界的に著名な教授とのネットワーク、グローバルなアルムナイや同級生とのネットワークを一気に得たいなら、今でも行く価値は大いにあるのだが、

”足りない知識を補足するために、、”などの理由でコンサル後にMBA留学など、志している場合ではないのだ。ただし、今までのキャリアの延長線上では到底出会えなかった多様なキャリア選択肢が目の前に広がるし、MBA以外では絶対に会えないような多種多様な人材と交友関係を結べるので、目的がこれであっていれば、20代後半なら”もう一回転職”などと言わず、とっとと留学されることをお勧めする。


伝統的”エリートモデル”から脱却しよう

一昔前と異なり、今は起業も簡単になり、副業の機会も多く、巨額の資金調達に成功したユニコーンベンチャーで働く機会も増え、また投資銀行やコンサルティングファームより給料が高く労働環境に配慮されたIT企業もたくさん増えた。


大昔の、開成ー東大ー財務省コース、一昔前の東大ーコンサルOR外資金融ーMBA-プライベートエクイティコースといった”過去のエリート成功モデル”の呪縛にとらわれることなく、今の時代だからこそ格段に増えた「自分に合ったオプション」と「自分が本当に向いていること」にきちんと向き合っていただきたい。


いまさらとにかくコンサル、外資金融、PEファームをなんでもかんでも勧める、という一昔前のキャリアサイトやエージェントの持ち駒に安易に転落してはいけないのである。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69