コンサル転職して後悔!仕事がつまらないと後悔する理由3パターンとは!?

コンサル転職して後悔!仕事がつまらないと後悔する理由3パターンとは!?

コンサルティングファームに転職する前に、コンサル転職後に後悔しないか心配しておられませんか?トップティアのコンサルファームは総じて若手時代に満足度の高い成長機会を提供しますが、サードティアやブティック系になると、コンサルとは名ばかりで単なる下請け生活が待っていることも。SIerからブティックコンサルティングファームに転職した方からの、「コンサル転職後悔」キャリア相談です。コンサル転職後、後悔している人のパターンとはどのようなものでしょうか?同じ轍を踏まないよう、以下ご参考ください。

コンサル転職して後悔!仕事がつまらないと後悔する理由パターンとは!?

こんにちは。佐藤(仮名)と申します。はじめまして、よろしくお願いします。 私は、新卒でIT業界に入って、SIerでシステムエンジニアとして 下流のプログラミング・テストから上流の要件定義、プロジェクトマネジメントまで年経験した後、 エネルギー業界の小さなコンサルティング会社に転職しました。


転職して半年が経過しましたが、やっていることが思ったとの違いが大きくて、 システムのような実態のある成果物ではなく、 パワーポイントで未来像をまとめて提案するやりかたに、どうも慣れなくて、 しかも、正解がなく、レビューにおいても、主観的な意見が殆どで、人によって、内容が大きく変わるので、 遣り甲斐も殆ど感じられません。


慣れていないだけかもしれませんが、
本格のコンサルファームに入社されたコンサルタントでも、 三年ぐらいで辞めるようとお聞きして、 どうせ長く居られないなら、早く辞めて、ITサービスを提供する会社に一日早く転職したほうがよくないかと 切々思っています。

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム