プライベートエクイティとベンチャーキャピタルの違い

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルの違い

プライベートエクイティファンドとベンチャーキャピタルの違い質問される方はよくいらっしゃいます。転職志望者にとって重要なのは、投資先との関与の仕方の違い(VCはマイノリティ投資なので投資後はほぼ外野ですが、バイアウトはコントロール投資なので毎月の取締役会内外で積極的に関与します)や、そもそも投資するときのアプローチの違いを正しく理解することです。以下ではPE,VCの特性の違いから、必要とされる経験も違いを、そのキャリア選択へのインプリケーションにつなげて論じます。

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルの違いとは?

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルをこんがらがって使う方がたまにいらっしゃいますが、その違いをここでまとめておきます。

広義で言えば、ベンチャーキャピタルもプライベートエクイティです。プライベートエクイティとはその名の通り、プライベートな株式であり、反対語はパブリックエクイティ、つまり公開株です。

つまるところ、未公開・非公開株式はプライベートエクイティに当たるわけですが、企業の成長ステージにおいて様々なアセットクラスに細分化されます。

まずスタートアップ、アーリーステージはベンチャーキャピタルと呼ばれ、立ち上げが終わり、成長期に投資するのをグロースキャピタルと呼びます。(この境は曖昧なのですが。)

次に、成長期が終わり、安定期に入ったものを51%などコントロール支配権ごと買収する投資を、バイアウト投資と言います

そして成長期が終わり停滞期、後退期の企業をリストラして投資するのを、ディストレスド投資などと呼びます。

キャピタルの性質上、ベンチャーキャピタルはまだアイデアべ―...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

ストロングキャリアはハイエンド・プロフェッショナル人材特化型キャリアサイトで、(株)ディープキャリア (有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-312610) により運営されています。前身の「外資系戦略コンサル投資銀行面接対策セミナー」設立の2002年以降20年にわたり、現役のプライベートエクイティ、戦略コンサル、投資銀行等のプロフェッショナルが、実に1万人以上の皆様にキャリアコーチング/面接対策及び、LBOモデル・バリエーション研修など実践的な研修を提供して参りました。弊社では個人の適正とビジョンを見極めた上で、ハイクラス・厳選求人案件をご紹介しております。以下では僅か2ページ・所要3分の会員登録で、数千頁を超える会員コンテンツを御覧頂けます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング