プライベートエクイティとベンチャーキャピタルの違い

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルの違い

プライベートエクイティファンドとベンチャーキャピタルの違い質問される方はよくいらっしゃいます。転職志望者にとって重要なのは、投資先との関与の仕方の違い(VCはマイノリティ投資なので投資後はほぼ外野ですが、バイアウトはコントロール投資なので毎月の取締役会内外で積極的に関与します)や、そもそも投資するときのアプローチの違いを正しく理解することです。以下ではPE,VCの特性の違いから、必要とされる経験も違いを、そのキャリア選択へのインプリケーションにつなげて論じます。

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルの違いとは?

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルをこんがらがって使う方がたまにいらっしゃいますが、その違いをここでまとめておきます。

広義で言えば、ベンチャーキャピタルもプライベートエクイティです。プライベートエクイティとはその名の通り、プライベートな株式であり、反対語はパブリックエクイティ、つまり公開株です。

つまるところ、未公開・非公開株式はプライベートエクイティに当たるわけですが、企業の成長ステージにおいて様々なアセットクラスに細分化されます。

まずスタートアップ、アーリーステージはベンチャーキャピタルと呼ばれ、立ち上げが終わり、成長期に投資するのをグロースキャピタルと呼びます。(この境は曖昧なのですが。)

次に、成長期が終わり、安定期に入ったものを51%などコントロール支配権ごと買収する投資を、バイアウト投資と言います

そして成長期が終わり停滞期、後退期の企業をリストラして投資するのを、ディストレスド投資などと呼びます。

キャピタルの性質上、ベンチャーキャピタルはまだアイデアべ―...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

✅当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム