「何故ゴールドマンサックスを志望」4大特徴とは?新卒・転職面接対策の基本!

「何故ゴールドマンサックスを志望」4大特徴とは?新卒・転職面接対策の基本!

ゴールドマン・サックスに新卒や転職で面接するとき、「何故他社ではなく、ゴールドマンを志望するのか」とほぼ必ず聞かれます。そんな時、どう答えますか?要するに経営幹部の質、業界でのリーダーシップ(動きが早い)、チームワークカルチャーなどのポイントを挙げる人が多いのですが、肝心なのはその一つ一つの中身を理解したうえで語ることです。日系証券以上にローカル化に成功したとも言われる、ゴールドマンサックスの特徴4ポイントを解説します。

「何故ゴールドマンサックスを志望」4大特徴とは?新卒・転職面接対策の基本!

投資銀行各社の何が違うか‐何故ゴールドマン?といった質問をよく聞かれますが、面接対策に関連付けて、ここでゴールドマンサックスの他行と比較した特徴を書かせていただきます。色々ありますが、一言でいえば結局、”他社が皆、ゴールドマンの悪口を言っているから”ということが端的に物語っていると言えるでしょう。以下で4つの特徴を論じます。

まず第一に、流石は最強の投資銀行とされるだけあって、”最後にこの業界において一番優秀な人が、グローバルの幹部クラスには集まる”というのがあります。

ジュニア、中間管理職クラスでは、他のトップティアバンクと大して変わりませんし、実際、行き来も激しいです。

それでも総じて、激務であろうと「業界ナンバーワン」「世界的ブランド」という自尊心が強く、そこに満足感を感じて頑張れる人が多いのも一つの特徴といえるでしょう。

言い換えれば、仕事内容は別にどうしてもやりたいことではなくても、その名声と社員のプライド、コミットメントの高さをモティベーションの源泉に出来る人は、ゴールドマンサックスに向いている可能性が一段階高まります。

正直、単に綺麗なだけで接待要因(社内外)にしか見えない若い女性がいるのはゴールドマンに限らず投資銀行各社の悪しき風習ですが、それでも幹部のクオリティは他社と一線を画してきました。

最近ではブロックチェーンの分野でJPモルガンがリードし、またモルガンスタンレーのCEOもウォールストリートで存在感を増していますが、それでもトップの経営陣は政財界での人脈が群を抜いています。出身者が各界で活躍していることが多いのも、コンサル業界のマッキンゼーに共通する、トップファームの証と言えるでしょう。

金融業界でのリーダーシップ~ゴールドマンサックスは、何かと動きが早い

第二に、その先見性、言い換えれば金融業界でのリーダーシップです。実際にゴールドマンサックスは他の投資淫行に比べ、動きが戦略的で早いと感じさせるのは確かです。

一昔前の金融危機の例ではサブプライムの時に逆張りで唯一稼いでいたのも挙げられますが(ちなみに解雇も一番早かった部類)、日本の事例だと不動産投資銀行やマーチャントバンク、不良債権ビジネスやプライベートエクイティも常に先駆的存在感を示していました。

また少し前は、太陽光などの金融商品をキャピタルマーケットで大いにはめることに成功しました。そしてこれらのビジネスから手を引くタイミングも見事なものです。...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける