投資銀行各社の何が違うか「何故ゴールドマンサックスを志望しますか?」

投資銀行各社の何が違うか「何故ゴールドマンサックスを志望しますか?」

ゴールドマン・サックスの何が他投資銀行と一線を画しているのか。外資セミナー講師がまとめました。

投資銀行各社の何が違うか‐何故ゴールドマン?といった質問をよく聞かれますが、面接対策に関連付けて、ここでゴールドマンサックスの他行と比較した特徴を一つ書かせていただきます。色々ありますが、一言でいえば結局、”他社が皆、ゴールドマンの悪口を言っているから”ということが端的に物語っていると言えるでしょう。

まず、流石は最強の投資銀行とされるだけあって、”最後にこの業界において一番優秀な人が、グローバルの幹部クラスには集まる”というのがあります。ジュニア、中間管理職クラスでは、他のトップティアバンクと大して変わりませんし、実際、行き来も激しいです。

ただ、トップマネジメント人材のクオリティという意味で、超一流の投資銀行なのです。(繰り返しますが、各支社の部門長クラスまでは、別に尊敬できない人も結構いるのですが。。)

動きが戦略的で早いと感じさせるのは確かです。一昔前の金融危機の例ではサブプライムの時に逆張りで唯一稼いでいたのも挙げられますが、日本の事例だと不動産投資銀行やマーチャントバンク、不良債権ビジネスやプライベートエクイティも常に先駆的存在感を示していました。また最近は太陽光などの金融商品をキャピタルマーケットで大いにはめることに成功しました。そしてこれらのビジネスから手を引くタイミングも見事なものです。

遅れて入ってきたメリル(現BOA)などがプライベートエクイティを始めたころにはすでに市場サイクルは終わっていて、数年でチームがなくなってしまったのです。

ゴールドマンサックスはリスクの取り方はしっかりしているし、ディールの中身を見てみると、やはりストラクチュアリングのところの工夫で上手く儲かるように出来ています。

記憶に新しいUSJはあのサイズのディールとしては日本で最大級のリターンを上げることに成功しました(実に10倍水準。AVCJなどを参考にすると8倍程度だと思っていたのですが、内部の人が10倍をゆうに超えているというので、入った時の値段がほかの共同投資家とは異なるのかもしれません。)

在職中に信頼関係を得れば、退職後も様々なビジネスの人脈に

ポールソンやルービンをはじめ歴代経営陣がホワイトハウスに深く突き刺さってきたのは周知の通りですが、そこまでいかなくても大手バイアウトファンドの創設者など、ゴールドマン出身者によるビジネスネットワークは強固なものがあります。

実際、多くのプライベートエクイティファンドがゴールドマンサックス出身者によって設立されており、不思議とBOA出身やドイチェ、UBS出身により設立された、といったプライベートエクイティファンドは、グローバルにもゴールドマン出身ファンドに比べ著しく少なく、日本ではほぼありません。これは、各投資銀行の業務内容に大きな差がないことを考えれば、驚くべきギャップです。

コンサルの中ではマッキンゼー出身者がそうですが、投資銀行他社に比べ、独立志向、アントレプレナーシップが強い人が、比較的多いのかもしれません(特にIBDかPIA)。

めでたく入社されましたら、将来様々な分野で成功する人が多いことを意識して、多少人的には腹立たしい傲慢な相手であっても若いうちは可愛げを振りまいて敵を作らないことが、将来のキャリアを助ける人脈形成に資することでしょう。

日本支社においても、退職後の人脈を活用してビジネスを成功させている人がたくさんいます。実際、最近の起業ブームにのってゴールドマンサックス出身の20代、30代が数多く起業していますが、MD(マネージングディレクター)にシードマネーを出してもらったり(特に有名なのがKさん)、ゴールドマンの同窓生の中でディールを回したり、お互い投資案件を紹介しあったりと、在職中に良好な人間関係を築いた人は、マッキンゼーなどと同様、退職後にその人脈のメリットにあずかることになります。

ゴールドマンサックスのカルチャー:信頼とチームワークが重要

なお意外なことにゴールドマンサックスは、カルチャー的にはやたらとチームワークを強調してきます。面接でも明示的に“チームワークの経験について”や、“人と揉めたときの対処法”等について聞いてくるのです。

正直に申し上げまして、チームワーク到底出来てないだろこの人、という攻撃的で傲慢な人も実際多いのですが、とにかく建前上は“チームワークカルチャー”にフィットするようなお話が特に好まれるのも、ゴールドマンサックスの特徴です。(ちなみに古き良き時代のゴールドマンで長らく働いた人は、「あの頃は真のチームワークカルチャーだった」と述べ、その後のプロフェッショナル生活の礎を築いてくれた、と感謝している人が意外と多いのです。)

まだまだ特徴を挙げると切りがないのですが、最後に一つ付け加えるならば結局のところ、“皆から悪口を一番いわれる投資銀行だ”ということが、その業界のポジショニングを明確に表しているのだと思います。

皆さんが面接で各社を受ける時、“なぜゴールドマンでなくてウチなの?”とよく聞かれるものです。他社から競合相手の悪口を聞く時も、一番話題になるのはこの会社。以前ゴールドマンへの志望動機を聞いたとき、一言で“ライバル各社が常に御社の悪口をいっているからです”と答えている人がいましたが、これは言いえて妙な一言だと思います。。

 結局のところ、業界各社が一番意識しているトップバンクなのですから。

PS ちなみに元ゴールドマンサックスで長らく活躍された服部さんが、ゴールドマンサックスM&A戦記という本を出されているのですが、非常に面白く業界の参考になる本ですので、ご関心お持ちの方は是非どうぞ。

Strong Career
無料キャリア相談を受付中!!
御名前
メールアドレス
ご質問内容

こんな記事も読まれています



「外資金融キャリア相談」の詳細カテゴリ
F79df21b 547d 4367 a050 6d311f033a89 182e9d18 19f9 469a b3de 11580de7d7a6 2222bb47 8d71 435d be5a 9f96bada2b6c 7555687f ad8b 4cc5 afaf 1c4f2db97087 F709b211 18c6 4a7c 92ef 1a76825adc5f E301cf6e f223 4680 a58f dc860aeedc2a

連載カテゴリー

カテゴリランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69