外資コンサル面接の「話し方」で注意すべき、仕事でも使えるシンプルな3ポイント

外資コンサル面接の「話し方」で注意すべき、仕事でも使えるシンプルな3ポイント

コンサル面接で、どのような話し方が好まれるのでしょうか?論理的であることは足切りレベルの基本であり、それ以上にそもそも信頼感を醸し出すか、また人好かれするかどうかも重要な要素です。日多少非論理的でも、信頼感があり可愛げのある人のほうが、結局のところ仕事を取ってくるものですし、社内人間関係も良好なことが多いからです。コンサル面接の話し方に限らずあらゆるビジネスの現場で、この3ポイントを頭の片隅に留めておきましょう。

東京大学法学部 Kさんより質問

コンサルの面接において志望動機を伝えるときは熱く伝えるよりも冷静に理路整然と伝えるほうがいいと聞きましたが、実際にはどちらのほうが好印象なのでしょうか。

講師による回答:論理的回答は当然―短時間に、人間らしい信頼関係構築も当然重要

「論理」+「感情」+「可愛げ」の3点が大切なのではないでしょうか。

面接する人の個性・タイプによって好き嫌い、重視する軸の形が違うので一概に言えないのですが、最大公約数的に言いますと、人間味のある信頼関係構築と、論理的で端的なコミニュケーション、また「好かれる人柄」が重要であり、これらは両立可能です。

総じて論理だけでなく、人間味、温かさ、誠実さ、可愛げの伝わるコミニュケーションが望ましいのは言うまでもありません。

受かっている人は総じて、賢いだけでなく穏やかさ、成熟さを感じさせる人が多いです。
バックグラウンドが確かな方であれば(=経歴に文句のつ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける