講師Q&A 「コンサルファームの違い・評価・変化・政治への転身は?」

講師Q&A 「コンサルファームの違い・評価・変化・政治への転身は?」

東京工業大学の方からのご質問で、コンサルティングファームで政治に関わることは可能か。その後の政治へのキャリアパスはありうるか。この質問に対して、Strong Careerの講師が回答します。

東京工業大学大学院 理工学研究科 STさんより質問

就職活動をしている中でコンサルティングファームごとの明確な違いが見えにくく思われます。社員の方々のお話、人柄を通じて多少の雰囲気の違いは感じられますが、定量的、具体的な指標でファームごとのコンサルティング業務における実力の違いを説明して頂きたいです。

先日のベインアンドカンパニーの説明会にて、今後コンサルティングファームはコンサルティング業務に止まらず、自身も投資をした上でコンサルティングを行うといったリスクを取る業務をしなければ生き残れないというお話がありました。

一方で、近年日本企業の収益が改善され、事業拡大への投資が増加する中でコンサルティング業務の需要が高まっており先行きは明るいと聞きますが、今後コンサルティング業界の業態、市場がどのように変化していくか聞きたいです。

コンサルティングファームにおいて個人の評価はどういった形で行われて、どのように昇給に結びつき、初任給からどう変化していくのかお聞きしたいです。

いくつかのファームの説明会で近年勤務環境に変化があって、世間で思われているほど激務で無くなった、土日行くことはあまりないような話をよく聞きますが本当でしょうか?

コンサルティングファームを経て政治の世界に進む方はいるのでしょうか?
コンサルティングファームでは、素早く的確な問題把握解決能力に加え、幅 広い企業、業界、社会の成り立ちへの知識、人脈が身に付くと考えており、これらの能力は政治家に必要な素養の一部だと思います。

このため私は仮にコンサル ティングファームに就職することができた場合に、遠い未来に政治の世界も有りうるかと考えているのですが、現実的でしょうか?過去にそのような事例がありましたら教えていただきたいです。

講師からの返答:定量データはあてにならず、レピュテーション、パートナーの個人的資質が重要

定量的となると売り上げやコンサルタント数でこれらは各社HPにあるでしょう。ただ就職・転職志望者にとって意味ある定量データはせいぜい様々なところで書かれている年収以外、外からはわからず、中からも開示されていないです。たとえば昨今の「働き方改革」や「健康経営」なども、一般的な就労希望者にとっては関心があるかもしれませんが、この業界に来る人にとって、優先順位の低い情報です。(多少無理してでも成長したい、出世したい、勉強したい、という上昇志向の強い人が多いため。)

ファームごとのコンサルティング業務の実力の違いも、各社が”リピーター率の高さは9割”などと満足度の高さをアピールしますが、どこも9割と書くのであまりあてにならないでしょう。たまにクライアント企業のその後の株価やリターン倍率と平均市場の違いを出すところもありますが、都合のいい案件をチェリーピックしてる可能性もあり、あまりあてになる指標はなく、各案件の積み上げが形成する”レピュテーション”が重要になってきます。

各社の違いに関してですが、正直申しまして、ジェネラルマネジメントを扱うトップファーム数社では扱う領域・幅も同様に広く、様々なセクターの企業・政府機関・国際機関からケースを請け負っています。

よってファーム間の差別化というより、パートナー間の差別化が大きいように思えます。これはコンサルも金融と同じく人を売る商売であり、売り手であるパートナーと顧客企業の個人的な信頼関係からプロジェクトを請け負う形態だからです。

各社の特色

ファームによっては製造業のADL,オペレーション向上のATカーニー、プライベートエクイティのデューディリならベイン、スタートアップのサポートならベンチャーサポートユニットが近年急拡大したトーマツベンチャーサポート、システムやデジタルコンサルではアクセンチュアといったように、伝統的に強い分野が存在します。

なお価格帯が少し低いところで三菱総研など日系コンサルティングファームと競争する時もありますし、地方自治体とかのコンサルでしたら、野村総研が企業へのコンサルと同様、大きな存在感を有しています。

またリテール関係の再生に特化したブティックファームが現れたり、元外資コンサルタントが個人で独立して得意分野で営業を始めるなど、ファームレベルのみならず、コンサルタント自身も差別化戦略を進める方向にあります。

ただ結局のところ、”コンサル各社のなかで、このファームと一番フィットが高いからここを志望します”というのは、トップファーム各社からお声がかかるという特殊な状況にならない限り、心配無用な悩みごとかとおもいます。そしてMBBの御三家から声がかかったらどうしようか、という状況になれば、自分と一緒に働く人たちとのパーソナルなフィットが一番重要なのは言うまでもありません(各社でやることは、ほぼ同じため)

コンサルと投資業務の融合

なお、近年の流れではコンサルティングファームと株主の利益相反の観点からか、投資ファンドが社内で自前のコンサルティング部隊を持つことが増えてきています。
アドバンテッジパートナーなどはマッキンゼー、ベイン、モニター、ボストンコンサルティング、アーサーディーリトル出身者がその多くを占めますし、KKRなどはキャップストーンという社内コンサルティングユニットを保有しています。

ドリームインキュベーターが当初コンサルティングフィーだけではなくコンサルティング先のストックを貰うことで利益のアラインメントを企図したのもその流れといえますし、ベインがベインキャピタルを運用するようになったのも、保有者と経営者、コンサルタントの利益をアラインメントさせる流れの一環だと言えるでしょう。

なお投資ファンド出身者が、投資ファンド向けのコンサルファームをつくり、デューディリジェンスプロジェクトで稼ぎ、たまったお金で自己投資も行うブティックファームも増えてきています。

コンサル業界の変化

コンサル業界の今後は上記で述べた利益背反への対処に加え、各顧客企業が社内に元コンサルタントを多く有するようになったことからくる「コンサルタントの使い方をよくわきまえた顧客」との折衝がより増えてきていますし、プレゼンだけで終わった時代は去り、常駐型プロジェクトが増えています。

リーマンショック後の10年に迫る長期回復傾向の中、案件がどのファームも多く、大半のファームでこの10年間、コンサル数は各段に増えました。最低倍増し、急拡大したところは4倍くらいに増えています。

仕事は一昔前にくらべて、有力スタートアップやファンドへの流出で優秀な人材確保が難しくなったからか、ワークライフバランスは改善しています。それでも7時、8時には帰るヨーロッパオフィスに比べ、若手コンサルタントは24時まで働くことも多いです。ただ通信インフラ発達のおかげでリモートワークが広く認められているファームも出てきています。

コンサル業界での給料・昇進

コンサルタントの勤務実態・休暇の程度に関しては既に他の質問で回答しましたのでそれを参照して頂ければ幸いです。

昇給は基本的に毎年5%~15%程度アップし、2-3年(早い人で1.5年)ごとに次のランクに昇進することで、20%~40%の昇給が望めます。初任給500-600万、マッキンゼーでは次のランクに上がれば1300万、MBA後のトップファーム入社で、国によって違いますが一番くれるスイスなどではMBA卒のプログラムで約2000万スタートの国もあります。パートナーになれば売上、利益に連動するので、スターパートナーだと2億、3億稼ぐ人もいます。(ごくまれなケースですが)

コンサル出身の政治キャリア:コンサル出身だからと言って大して活躍できないことも多い

なお政治に関するキャリアに関しましては、実際に存在しますし、企業経営をトップマネジメントの視点で幅広いセクター・経営機能を経験することは、市場やビジネスの実態を理解するうえで、政治キャリアのための良いトレーニング機会を提供することでしょう。

ただし、意外なことにたいして活躍しているひとがいないのです。これはコンサルや市場の”あるべき論””効率的にはこう”という論理ではなく、様々な既得権益者との関係やそれこそ何世代も遡る地元の選挙組織の有無、後援者の有無、ネットワークの有無など、能力とは関係ない要素が重要だからでしょう。

某投資銀行の東京支店長をつとめた優秀なバンカーなども、結局一兵卒に成り下がってまったく活躍せずに次の選挙で消えた人の例などからもわかるよう、ビジネスの経験は実務的にはプラスになっても、政治の世界での出世の魔法の杖にならないのは確かです。

Strong Career
無料キャリア相談を受付中!!
御名前
メールアドレス
ご質問内容

こんな記事も読まれています



「コンサルキャリア相談」の詳細カテゴリ
13bb8176 5788 41b1 91f2 adfdb74158a9 0753c353 91ab 4e47 810b 8089d05b2d5e 674d1797 8a1a 464f 84ef e1ce9a83c210 Ac290221 6ac6 4d76 80cb d7bcbbafadec C1a64806 13eb 458e 96b1 c1f12cddc169 A1f73e57 79b2 440f 8ad1 aa4c1c84b1f4

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69