コンサル業界の激変(環境・労働条件)と、評価方法、そしてコンサル後の政界進出!

コンサル業界の激変(環境・労働条件)と、評価方法、そしてコンサル後の政界進出!

コンサルティングファーム間の違いはどのようなものなのでしょうか?コンサル業界はどう変わっていくのでしょうか?コンサル業界のブラック体質はどう変化しているのでしょうか?コンサルタントはどのようにして評価されるのでしょうか?コンサルティング業界で身につけられる能力とは、どのようなものでしょうか?またポストコンサルキャリアで政治転身の道程はあるのでしょうか?以下に解説致します。

東京工業大学大学院 理工学研究科 STさんより質問

就職活動をしている中でコンサルティングファームごとの明確な違いが見えにくく思われます。

社員の方々のお話、人柄を通じて多少の雰囲気の違いは感じられますが、定量的、具体的な指標でファームごとのコンサルティング業務における実力の違いを説明して頂きたいです。

先日のベインアンドカンパニーの説明会にて、今後コンサルティングファームはコンサルティング業務に止まらず、自身も投資をした上でコンサルティングを行うといったリスクを取る業務をしなければ生き残れないというお話がありました。

一方で、近年日本企業の収益が改善され、事業拡大への投資が増加する中でコンサルティング業務の需要が高まっており先行きは明るいと聞きますが、今後コンサルティング業界の業態、市場がどのように変化していくか聞きたいです。

コンサルティングファームにおいて個人の評価はどういった形で行われて、どのように昇給に結びつき、初任給からどう変化していくのかお聞きしたいです。

いくつかのファームの説明会で近年勤務環境に変化があって、世間で思われているほど激務で無くなった、土日行くことはあまりないような話をよく聞きますが本当でしょうか?
コンサルティングファームを経て政治の世界に進む方はいるのでしょうか?

コンサルティングファームでは、素早く的確な問題把握解決能力に加え、幅 広い企業、業界、社会の成り立ちへの知識、人脈が身に付くと考えており、これらの能力は政治家に必要な素養の一部だと思います。

このため私は仮にコンサル ティングファームに就職することができた場合に、遠い未来に政治の世界も有りうるかと考えているのですが、現実的でしょうか?過去にそのような事例がありましたら教えていただきたいです。

講師からの返答:定量データはあてにならず、レピュテーション、パートナーの個人的資質が重要

各社の特色

沢山のご質問、ありがとうございます。まず端的にお答えしましょう。市場は潤沢な企業キャッシュポジションと、人材不足によるアウトソーシングニーズの拡大により拡大してきました。業態は常駐モデルとIT導入が融合し、戦略ファームやデジタルトランスフォーメーションコンサルなどの垣根が下がっていきます。一昔前の働き方改革で休みは前より多くなり、アクセンチュアやベイカレントといったブラックで有名だったコンサルファームでも、その労働環境が大きく改善されました。昇進は直属上司に押され、反対するパートナーがいないことが大切です。トップティアのコンサルファームほど「人材の質次第」であるため、総じてフェアなパフォ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける