講師Q&A 「リーダーシップとは?」

講師Q&A 「リーダーシップとは?」

リーダーの共通項としてビジョンの設定」「人・資金などリソースの調達」「人の動機づけ」があげられる。どのような形で社会貢献して行くかは自分の興味や問題意識とも関係するため、それと照らし合わせて時間をかけて見つけていけば良い。

東京大学 法学部 TJさんより質問

私は、大学を卒業後、二年間海外にてベンチャー会社の立ち上げに参画していました。
それは、ビジネスリーダーとしての自分の成長を考えたときに、国際感覚や行動力といったある種感覚的要素(衝撃)を若いうちに体得したかったからです。
しかし、今になって新たに考えさせることが二点ありました。

1つ目は、そもそもビジネスリーダーとは何か再定義する必要があると思ったことです。
当初感覚的な要素を身に付けた後は分析やエスタブリッシュされたビジネス力を身に付けて・・・などと考えていたのは、ビジネスリーダーと銘打ってい たものは「何でもできる理想のスーパージェネラリスト」といった枠に収まっていたような気がします。
しかし、厄介なのは「リーダー」よりも「ビジネス」という部分で、会社とは何か、結局ビジネスにおけるリーダーとは何か(社長である、と簡単に銘打っていいのか)少しわからなくなっています。

2つ目は、仮にビジネスリーダーを再定義できたとして、ビジネスリーダーになってどうしたいのか、そもそもビジネスリーダーになりたいと思う所以はどこにあるのかを考え始めたことです。
今までは内なる成長、つまり自分の人間的な成長に焦点が当たっていたように思いますが、最近はやはりどうやって今の社会の問題点を解決していくかという外的要因が強くなっています。
海外で真剣に人生を考える機会を得たのがよかったと思いますが、逆に社会にどう貢献していくべきかまだあまり検討がついていません。
大前研一さんみたいになるのか、実業家になるのか、政治家になるのか。。どういった切り口でこういう問題に対処したらよいでしょうか。

講師による回答

ビジネスリーダーのあり方と、社会貢献する際の立ち位置のタイプについて素晴らしい御質問を頂きました。

金融やコンサルティングの仕事で見てきた銀行の頭取、投資銀行のパートナー、ファンドの創業者、上場企業の社長、ベンチャーキャピタリスト、の方々と接してきた経験からビジネスリーダーの特徴を書かせていただきます。

リーダーの共通項

ビジネスリーダーの定義は人それぞれですが、月並みな言い方で恐縮ですが優先順位の高い共通項は「ビジョンの設定」「人・資金などリソースの調達」「人の動機づけ」となります。
ただその配分や方法、組み合わせがリーダーの個性によって変わってくるので、それが一概には定義できないゆえんです。

これに対し、志の大きなリーダーは社会貢献を含め、問題意識が強いです。
例えば某最大手ハウスメーカーの社長は、企業の利益、株主への配当、従業員の給料のみならず社会が必要なことに対し、会社が何を出来るかという視点で常に私に熱く話して下さり、やはり他のステークホルダーの納得を得られる範囲で社会貢献の在り方を追求されていたように思います。

一流のリーダーは、他の人がやらなくても自分が挑戦する、強い「アントレプレナーシップ」を有しています。
ユニクロの柳井さんも、既存の小売業の多くが倒産に追い込まれましたが、良質の服を安価で提供するという意味で日本のアパレル業界に大きな足跡を残されました。
また早期に海外市場に進出し、外国人採用を進めるなど、社会として必要な方向性に真っ先に舵を取るという意味で、フォロワーではないリーダーシップを感じさせます。
ソフトバンクの孫社長に至っては言うまでもありません。

共通するのは既存の政治的・法的・商業的フレームワークにとらわれず、また既存の市場に甘んじず、社会に必要とされるサービスを市場に必要とされる前に提案し、実現していく姿ではないでしょうか。

なお補足的に書きますと、一流のビジネスリーダーは総じて人間関係の構築に優れており、信頼を獲得し、自分の仕事に厳しく、スケジューリングがしっかりしており、厳しいですが相手の心に要所要所で気を配ります。
要するに人心をつかむのに長けており、自分をサポートしてくれる人の力を借りるのも上手いように思います。

社会貢献の立ち位置は、貴方の強み/弱みによって変わってます。
何をして社会貢献するかは人生を通じて考えつづける、ビリオンダラークエスチョンです。
ヒントは自分の強みと興味、そして社会的ニーズの重なった場所に自分の天職が見つかるものです。
これは自分自身で経験の幅を広げ、視野を広げ、自分とフィットの高い分野に少しづつ近づいていく作業です。

「どのような立ち位置でかかわるか」も、ご自身の強みと興味を深く知らなければ決められる問題ではありません。
竹中平蔵氏のように、政治を経験した学者という立場からメディアを通じて社会の正しい意思決定・政策評価に関してリーダーシップを発揮する人もいますし、御自身の経済への理解はいまいちでも政治における才覚から優秀なブレーンで周囲を固めて大きな経済改革を成し遂げた小泉前総理のような方もいらっしゃいます。

また大前さんのように、自分で事業をやるよりもアドバイザーとしての関わり方で力を発揮するタイプもいらっしゃれば、孫さん、柳井さんのように事業を立ち上げて成長させて、、というプレーヤ―の立場で輝く人もいます。

これらの違いは総じて、何をしているときに一番面白いと感じるか、興味を感じるか、追求したいと感じるかという個々人のタイプの違いによりますので、これはご自身の自己分析と照らし合わせて考えて行く問題でしょう。
また、「好ましい立ち位置」や「もっともやりたいこと」は人生の各ステージで変わっていって当然なので、あまり一貫性のある一つの答えにこだわることもないのです。

今はプレーヤーとしてもアドバイザーとしても社会人経験が無いわけですから、約10年程かけて様々なタイプの経験をされてから、御自身の強みを発揮できる立ち位置を悟られるのがよろしいかと存じます。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69