就活自己分析成功の3大要素とは?~「何」よりも「誰」とが、往々にして重要!

就活自己分析成功の3大要素とは?~「何」よりも「誰」とが、往々にして重要!

自己分析では、「自分のやりたいこと」や「強み」「弱み」に不誠実になりがちです。また、自分が好きなことややりたいことを言語化するプロセスでは、数少ないサンプルに対し、間違った自己分析要素を考え、思い込みで失敗する人もたくさんいらっしゃいます。ここではキャリア選択における意味ある自己分析を成功させるうえで重要な3大ポイントについて、解説いたします。

就活自己分析成功の3大要素とは?~「何」よりも「誰」とが、往々にして重要!

自分・会社・社会の三方良しに繋がる、自分らしいキャリアを見つけるには?

キャリアを考える上での自己分析とは何か?

初動的には自分が何をやっているときに幸福感を感じ、また不幸になるのか。

どんな強みと弱みがあり、何なら貢献できて、何ならどう頑張っても苦手なのかを考えることであるが、大抵は曖昧で的外れな思い込みに終わることが多い。これは、20代前半だと経験値の幅も狭く、サンプル数も少なく、自分に対する洞察力が弱く、自己認識が浅いことが多いからだ。私自身振り返っても、20代の時に思っていた自分の強みや弱みは、10中8,9,希望的観測と自己批判の欠如から、大いに的外れであった。

では次に少し幸福の中身をより掘り下げると、価値観レベルで何を人生に求めているのか。また求めているものは大抵一つではないので、どのような組み合わせとバランスで求めているのかを問うことになる。

つまるところ、どんな要素を満たした会社や仕事を選べば、自分も会社もそのお客もハッピーになるかという「三方善し」の条件要素、言い換えれば「モデル」を意識的に探し当てることだといえるだろう。

「自分はどんな欲求を持っているのか」~自己分析は、矛盾していて当然

自分の「価値観モデル」を意識化するプロセスでは、きっと時に相反する様々な自分が居る中で、悩むこともあるだろう。

しかし人間とは矛盾した生き物なので、それもまた当然である。誰もが矛盾の中で”本当の自分は、、”とか考えるのだ。

なおキャリア自己分析の結果としては、本当の自分とは1や0ではなく、白黒というよりその間のグレーである。

自分がやりたいことなどは、複雑な要素がモザイク状に存在するので、有益なのは”本当の自分は、、、”などと一つの要素を求めるのではなく、矛盾をはらんだ複数の要素を認識することが「有益な自己分析」となるだろう。

ちなみに、その自...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける