未経験PE転職~未経験からプライベートエクイティ転職を果たした3大教訓!

未経験PE転職~未経験からプライベートエクイティ転職を果たした3大教訓!

プライベートエクイティファームに転職すると、確かに投資銀行や戦略コンサル出身者が多数いるのですが、他にも官僚・メーカー・弁護士出身と、多彩な人材が働いています。そんな彼らが他のエリート候補者との選考競争を制してめでたくPE業界に転職できたのは、その背景に共通の資質が見て取れます。以下ではコンサル・投資銀行以外の経歴でもプライベートエクイティ業界転職に成功する為の、普遍的な教訓を解説致します。

未経験PE転職~未経験からプライベートエクイティ転職を果たした大教訓!


「いろんな会社を経験できるプライベートエクイティに転職したいけど、自分はどうせマッキンゼーやゴールドマン出身ではないので無理だ。」などと、最初からあきらめモードになってはいないだろうか。


転職は恋愛と同じく、ある意味「交通事故みたいな出会い」がきっかけとなって起こる場合もあり、その時にお互いの準備ができていれば、やや異色のカラーであっても結ばれる。


事実、プライベートエクイティファームにはいると、投資銀行やコンサル出身が多数いるにはいるのだが、他にも官僚・メーカー・弁護士出身と多彩な人材に出くわす。本コラムでは、つの実例を検証することで、コンサル・投資銀行以外の経歴でもプライベートエクイティ転職に成功する普遍的教訓につき述べる。


文系の道を歩んだ私の知人

筆者の知人には、大学からアメリカ留学して国際政治学を専攻した人物がいる。卒業後彼は外資系証券会社に就職するが、部門は投資銀行ではなく株式売買をするマーケット部門だった。なので、プライベートエクイティ実務に関連する、M&...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける