異色の経歴でもプライベートエクイティ転職を果たした事例からの3大教訓!

異色の経歴でもプライベートエクイティ転職を果たした事例からの3大教訓!

本コラムでは、コンサル・投資銀行以外の経歴でもプライベートエクイティ転職に成功する普遍的教訓につき解説します。

あきらめモードにはいっているあなたへ


「いろんな会社を経験できるプライベートエクイティに転職したいけど、自分はどうせマッキンゼーやゴールドマン出身ではないので無理だ。」などと、最初からあきらめモードになってはいないだろうか。


転職は恋愛と同じく、ある意味「交通事故みたいな出会い」がきっかけとなって起こる場合もあり、その時にお互いの準備ができていれば、やや異色のカラーであっても結ばれる。


事実、プライベートエクイティファームにはいると、投資銀行やコンサル出身が多数いるにはいるのだが、他にも官僚・メーカー・弁護士出身と多彩な人材に出くわす。本コラムでは、1つの実例を検証することで、コンサル・投資銀行以外の経歴でもプライベートエクイティ転職に成功する普遍的教訓につき述べる。


文系の道を歩んだ私の知人

筆者の知人には、大学からアメリカ留学して国際政治学を専攻した人物がいる。卒業後彼は外資系証券会社に就職するが、部門は投資銀行ではなく株式売買をするマーケット部門だった。なので、プライベートエクイティ実務に関連する、M&A経験は身につかない。財務モデルも、構築どころか読み方さえ大半を分かっていない。


外交官を目指していたこの知人は、数年トレーダーを経験したあと再度渡米し、MBAではなくロースクールにいってしまう。そして現地で弁護士資格をとり、5年ほど大手法律事務所で勤務するが、午前10時から午前6時まで仕事させられるウォール街大手事務所のアソシエイト生活に嫌気がさし、日本に舞い戻ってきて転職活動を始めたのだった。


背水の陣で強引に語った「転職ストーリー」


彼はプライベートエクイティ転職を希望するが、話てみるとその動機は極めて浅はかだった。「もう弁護士の生活は耐えられない。そもそも自分より優秀な弁護士はごまんといるし、5年間奴隷みたいに小難しい書類をつくってよくやった。自分は大家族の末っ子で育ったので、人に懐いて好かれる技を体得している。これは、人間力が重要とされるプライベートエクイティ業界でも役立つはずだ」というのだ。


もちろん、こんな話をプライベートエクイティ面接ですると、速やかに出口のエレベーターまで案内されていただろう。しかしこの彼は、このストーリーを「自分なりの新しいチャレンジ」と評し、見事に大手プライベートエクイティファンドの投資チームに入社を果たしてしまった。


彼の経歴なら、普通でいけばせいぜいコンプライアンス部門だっただろう。ではなぜ投資チームにはいれたのか。このケースでは3つの要素があった。


第三言語

まず一つ目に、彼は日本語・英語以外に第三か国語に堪能で、このプライベートエクイティが偶然、その言語地域に新規ファンド起ち上げの準備をしていた。新規ファンドを立ち上げる以上、ファンド組成から資金調達交渉、そして日本本社のLP投資家によるデューデリジェンスのアレンジやローカル案件開拓が必要になり、信頼できる内部アソシエイトのトリリンガル力は頼りになる。


プライベートエクイティ創業パートナーでも、英語では本当に言いたい事の7割しかコミュニケーションできない人は多い。本社が日本のファンドなら、現地との日本語による橋渡しがとても役立つのだ。


ファンドレイズ時期に重宝された国際法務実務家の素養


2つ目に、このファームがグローバルで資金調達準備をしていたことも手伝った。アングロサクソン圏で資金調達する場合は大抵が英米法(ケイマン含む)準拠の複雑で膨大な契約書類が伴う


米国大手ローファームを経験し、語学にも堪能な彼の経験が、ファンドレイズチームの一員としてもファームのニーズを満たし得たのだ。


エリート候補者を制した人懐っこさ

3つ目に、彼の言う「末っ子ならではのチャーミングさ」も役立った。実際彼の場合、同じく面接選考をうけていたもう一人の候補者は、名門大卒で投資銀行出身、バリュエーション・モデルも得意で非常に聡明な候補者だったそうだ。


がしかし、「あのエリートをとるくらいなら、何ができるかわからんが何かやりそうなあいつ(著者の知人)を採ろう」という創業パートナーの一言で採用が決まったという。そして、彼はチーム全員に愛されながらプライベートエクイティ投資家として貢献していく。


スペックも大事だが、それは履歴書に目を通せばわかる。面接でよりはるかに重要なのは相手に「この候補者と一緒に働いてみたい」と思わせることなのだ。


自分のハンデを「差別化ポイント」に変えよ

このエピソードは、異例ながら実話である。そして読者全員に適用できる教訓もある。プライベートエクイティ転職を考える誰しもが、(1)常にグローバル志向で語学力と文化的感性を磨き、(2)エリート生活に安住することなく、信じる道を切り開いて常に自分ならではのスキルセットを磨きつづけ、(3)相手が誰であろうと、損得勘定ではなく、その人と敬意と親しみをもって接するべきなのである。


その結果、投資銀行やコンサル出身でないあなたにも、狭きプライベートエクイティ転職への道はいずれ開かれる。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69