就活面接前の自己分析に必要な、3大自問パターンとは?

就活面接前の自己分析に必要な、3大自問パターンとは?

就職・転職活動で、絶対に自分自身に問いたい本質的自問を紹介します。ズバリ、貴方はどのような価値を社会にもたらし、その対価で暮らしていくのでしょうか?以下では就活時に必要な自己分析を的外れなものにしないための、就活自己分析重要3大自問パターンを解説します。

就活面接前の自己分析に必要な、3大自問パターンとは?

就職活動・転職活動とはつまるところ、“自分は何をして社会に貢献し(=どんな価値を世の中に提供し)、その対価を貰うのか決めるプロセス”と言えよう。

目的無き分析は単なる徒労に終わる。ここでの目的は、自分はどのような仕事につけば、自分も会社も社会もハッピーなのかを理解することだと定義しよう。(もちろん、他にも就活の自己分析の定義は個人次第だが、総じてこの要素が入ってくるだろう。)

言い換えれば自分は何を好きで、何に強みがあり、何に向いているのかを知る、Self-Awareness(自己認識)を深めるプロセスでもある。

自分は何が好きなのか?

まず自分は何を好きなのかだが、これはなかなか明確に意識するのが難しかったりする。もちろんあなたは趣味でプロレス感染していたり、高校時代は熱帯魚飼育に明け暮れたり、大学時代は女性に囲まれて行きたくて、フラメンコ部に入っていたりするかもしれない。

しかし就活で必要な「自分は何が好きなのか」は、仕事選択へのインプリケーションが必要なので、これまで好きだったことを一段抽象化する作業が必要だ。上記の例でいうと、動物に触れる仕事が好きだったり、女性に触れる仕事が好きだったり(下手するとちょっと犯罪の香りがするが)、皆で何かを一緒に創りこむことが好きだったりと、職業選択へのインプリケーションに繋がる...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける