就活で大学の専攻が志望先と全く関係ない~今からできる対策4パターンとは?

就活で大学の専攻が志望先と全く関係ない~今からできる対策4パターンとは?

就職活動で、大学の専攻や、ゼミの研究テーマ、研究で頑張ったことなど聞かれますよね。ただこの大阪大学基礎工学研究の就活生の方のように、志望先と、やってきたことが全く関係なく、経営の知識も何もないことを心配される方も数多くいらっしゃいます。しかし既に多くの方が話していると思いますが、大学での選考はコンサルの選考にほぼ関係がありません。大切なのは、その会社で活躍するために望ましい基礎的な行動パターンを兼ね備えているかどうかです。では今から何ができるのか?以下にその4パターンを解説致します。

就活で大学の専攻が志望先と全く関係ない~今からできる対策4パターンとは?

大阪大学基礎工学研究の学生からの質問

私は何か問題が起こったとき、冷静に対処し最善の結果を出すことが出来る自信があるため、コンサル業に向いていると思っています。かなりおおざっぱですが、コンサルの志望理由はこの部分が大きいです

しかし、大学では理系専攻なためもあり、金融業界に対する知識や、金融に関する経験などが、他の志望者に劣っていると思われます。

そこで、今から選考までにこれだけはしておいた方がよい、という事があれば是非教えてください。そのようなものがない場合、ないと回答して下されば結構です。

回答:候補者は、経営のバックグラウンドがない人が大半~重要なのは基礎的な行動パターン

たしかにその”志望動機”は、おおざっぱ過ぎます。間違ってもそんな大雑把過ぎる志望動機、面接で言わないように気を付けましょう。

さて、多くの人が言っているかと思いますが、専攻がコンサルに関係ないということは、特に選考に響きません。金融の知識の有無なども、面接官がよほど変わった人でない限り、問われません(ただし、株式調査部とか志望するなら、いま買いの株は何か、と聞かれるのはお決まりです。)

実際、コンサルと関係ない専攻分野からコンサルを目指される方はたくさんいらっしゃります。近年では理三の学生も何人も当セミナーに参加してらっしゃいますし、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング