その仕事、危険!!AIに代替される外資金融・投資銀行の仕事3大ポイントとは?

その仕事、危険!!AIに代替される外資金融・投資銀行の仕事3大ポイントとは?

金融業界の既存の仕事の多くは、AIに自動化される仕事です。特に公開株のアセットマネジメントになると、ポートフォリオアロケーションやストックピックなど、AIに優位性があるものばかりです。そもそも、なぜこの株は上がっているのか、なぜこのポートフォリオ構成にするのかといった判断は、かなり適当なガッツフィーリングで決められているところも多かったのですが、AIはビッグデータからどの変数が効いているのかを自動的に明らかにします。ただし、AIが代替できない金融の仕事も確かに存在します。

AIで金融キャリアの旨味は落ちるのか?

お世話になっております。外資系金融のアセット・マネジメント部門か、コンピュータIT関係かに将来的に進みたいと考えていた件で再び質問があり、連絡させて頂きました。

本題ですが、米国2年制大学と4年制大学を卒業後、大学院でMBA取得後アセット・マネジメント部門に就職するというのが、現段階での目標なのですが、将来AIの発達によって金融の仕事の大半が置き換わるという声もききます。


そこで質問なのですが、AIによって金融の仕事が、ほとんど無くなってしまい、現段階での給与や待遇の低下は現実的にあり得るでしょうか?


また、自分としては第二の目標にIT企業に就職するという目標があります。どちらを選択するべきなのか。この2点を教えてください。お願いします。

講師からの回答:AIで代替できない金融職もある

AIによって金融の仕事がほとんどなくなると言いますが、正確にはなくなる種類となくならない仕事、そして新たにできる金融の仕事があります。


希望されている資産運用の、投資家レポーティングの仕事は現状かなり非効率なので、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける