ブラック激務とホワイト激務の違い~ブラックホール企業VSピュアホワイト企業!

ブラック激務とホワイト激務の違い~ブラックホール企業VSピュアホワイト企業!

Karoshiは英語で働きすぎて死ぬことを言いますが、この単語は勿論、日本語の過労死に由来しています。ただでも労働時間が長い日本の会社ですが、それが外資系戦略コンサルファーム・投資銀行などになると、更に厳しさが増します。しかし中には、実は自由で早く帰れる部門もありますし、中には予想以上に悲惨な場合もあります。また、良い激務である”ホワイト激務”と、悪い激務の”ブラック激務”の大きな違いにも留意しましょう。以下で解説していきます。

ブラック激務とホワイト激務の違いブラックホール企業VSピュアホワイト企業!

激務と言っても、その定義はそれぞれです。これは働き方改革の議論の時のホワイトカラーエグゼムプションの議論とも絡んできますが、仕事をしたい人、好きで仕方ない人も世の中には一定数いらっしゃるのです。

家だろうが週末だろうが、下手したらキャバクラ(コロナショック後は行く人も命がけですが)だろうが、携帯でブルームバーグ片手にひたすらトレードばかりしている人もいます。

こういう人にとっては、子供と遊ぶよりも、彼女とデートするよりも、仕事が趣味なのですから、激務であろうとそこには嫌だ、苦しいというネガティブな要素は全くありません。

まずは、このようなホワイト激務もあるのだということをまず最初に理解しておきましょう。

さて、当然世の中の激務の大半は、ブラック激務であることの方が多いモノです。このブラック激務も、疲れる営業をひたすらやって、仕事は辛いが成果報酬制でお金が大きいのでトータルでは納得できるというプチブラックであれば、まだマシでしょう。

しかし世の中には労働時間は長いし、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける