外資系投資銀行入社後、部門移動可能か?~などと面接で聞いてはいけない4大理由

外資系投資銀行入社後、部門移動可能か?~などと面接で聞いてはいけない4大理由

外資系投資銀行に入社後、部署間移動はできるのかどうかについて、気になる方も多いようですが、間違っても面接でそんなことを聞いてはいけません。

◆Question (京都大学大学院 経営管理教育部 女性より質問)

入社後は、社内での部門間移動は可能でしょうか。

◆Answer (セミナー講師より回答)

外資金融では基本的には無理ですが、あなたの能力と会社の都合次第、そしてどれだけ上司に好かれているか次第では実現例もあります。

もちろん投資銀行部門から株式調査部へ、株式の調査部から株式のセールスへ、といったように、スキルセットの連関性の高い部門移動でしたら、(またポジションが開いていてあなたの能力が認められていたら、)辞められるより社内にとどまってもらう道を投資銀行は選ぶことでしょう。

しかしオペレーション、バックオフィスのあなたが、上司に好かれてもいないのに“私、MAがやりたいんです!”といったところで「おめでたい戯言扱い」されるのが落ちです。

ついでに次回の整理解雇のときに、あ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける