金融からの転職~AIに代替される、将来ヤバすぎる金融キャリアランキング!?

金融からの転職~AIに代替される、将来ヤバすぎる金融キャリアランキング!?

金融業界でのキャリアに不安を感じておられませんか?デジタル革命と異業種参入の真っただ中で、従来の投資銀行花形職種が、急速に陳腐化しています。タダでも長期金利のイールドカーブがフラットなところに、多方面から蚕食される金融業界。果たしてこのまま、金融キャリアを歩み続けていいのか?以下ではAIを活用したフィンテックが金融機関の仕事を蚕食するなか、金融機関の仕事で将来が危うい職種ランキングのうち、3大危険キャリアを解説します。

金融からの転職AIに代替される、将来ヤバすぎる金融キャリアランキング!?

AIは金融機関の仕事の多くを博物館に追いやろうとしている。基本的に大量のデータをパターン分析して売り買いを決める系の仕事は、全て代替されることになる。

第一に厳しく、実際に激減しているのがトレーダーの仕事だ。一昔前、コモディティトレーダーやデリバティブトレーダーは優秀な若手金融社員の花形職種の一つであった。

しかしプログラムトレード、アルゴリズムトレード、AIに代替されるにつれ人気は落ち、「将来AIに最も代替される金融職の一つ」として多くの若手社員がその職業を離れた。


私のインド人の友人は、ゴールドマンのトレーダーとしてニューヨークで大儲けした後、その仕事に見切りをつけ、いまではAIトレードシステムを構築し、証券各社に売り歩くたくましさである。


第二にヤバいのが、資産運用のアナリスト。これも売り買いの判断を大量のデータを自動計算して、その精度を高めていけるAIに勝てない業種であり、実際にプライベートバンカーがAIアルゴリズムにとってかわられていっている。

そもそも、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける