コンサル・外資金融就活で悟るべき「向いている仕事」と「得意な仕事」の違いとは?

コンサル・外資金融就活で悟るべき「向いている仕事」と「得意な仕事」の違いとは?

自分に向いている仕事をしていると思っていても、実は「得意」なだけで、深い意味では向いておらず、自分を不幸にする「得意な仕事」も大いにあり得ます。キャリア選択で自己分析をするときに、自分にとって向いている仕事と、単に得意な仕事の違いを自問しておきましょう。

得意な仕事をしているゴールドマン投資銀行部スターバンカーが、実は不幸な理由とは?

向いている仕事で不幸になる人が多いことは注目すべきです。たとえばゴールドマンの投資銀行部門で出世頭の人がいます。責任感も強く誰よりも完璧な仕事を誰よりも早く、長時間提供し続けます。結果的にプライベートはほぼまったくなく、とくに自分が楽しんでいるわけでもないのですが、責任感の強さから、「期待される役割を完璧以上にこなす」ことがキャリアの目的化してしまっている人が少なくありません。もしも食べるために、家族を養うためにという、自己実現を目指すよりもその人にとって優先順位の高いニーズがあるのであれば別ですが、向いている仕事で会社の期待を裏切りたくなくて、ひたすら人生を費やしてしまう人がいるのは、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム