コンサル早期辞職3大理由!ポストコンサルキャリア戦略と、コンサルからの転職先

コンサル早期辞職3大理由!ポストコンサルキャリア戦略と、コンサルからの転職先

難関就職先として知られるコンサルファーム。その一方で、数年で転職・独立する人も多いのも事実です。コンサルから転職する理由はポジティブな退職志望動機、ネガティブな退職志望動機、どのようなものがあるのでしょうか。

京都大学理学研究科 数学・数理解析専攻 Nさんより質問

私はコンサルティング企業への就職を希望していますが、コンサル業界は途中で辞めていく人がとても多いように感じます。

辞める理由は様々だと思いますが、経験を積んだ力の有るコンサルタントの多くが辞めていく事はコンサル業界としての損失だと感じます。

また、この疑問に対してコンサルタントの方から、『ポジティブな理由(クライアント企業の重役となる、起業をする)で辞める人が多いからそれは問題ではない』という答を頂く事が多いです。

ただ辞める人は結局は移動先よりコンサル業界の方が魅力(待遇、やりがい等)が低いから辞めるのでは無いかと思います。

もしそうなら、コンサル業界がもっと多くの人が最後まで働きたいと思い、それが可能となる形を模索する必要があるのではないかと考えています。

この様な、私の認識についての御意見を頂けると幸いです。

弊社からの返答:コンサルからの転職と、ポストコンサルキャリア戦略は様々

より魅力的な機会が開けるうえ、アルムナイとして古巣と一緒に働くことも多い

入る前からコンサル業界の行く末を心配される、問題意識が高すぎるあなたに、心から拍手を送りたいと思います。
さて、
①コンサルからすぐ転職する人が多いのはコンサル業界の損失ではないか、
②相対的に魅力が低いからコンサルから転職するのではないか、
③コンサル業界は魅力を高める方法を模索するべきでは、
という3点の問題意識
を頂きました。

一点目に関しては、必ずしも損失ではなく、アルムナイ(卒業生)ネットワークを強固にすることでクライアント側に回ったOBから仕事をもらえたり、独立後も古巣と一緒に仕事する機会が多かったりするのも現実

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング