コンサル転職・就職への適性を考える、4大ポイントとは?

コンサル転職・就職への適性を考える、4大ポイントとは?

戦略コンサルティングファームで活躍するには、いわゆる「賢さ」は単なる足切り程度のポイントであり、人格的要素が非常に大きいです。以下では4大ポイントを解説します。

コンサル業界は、どう考えても向いていない人が大挙押し寄せてくるので、とにかく内定を得るための面接対策に走る前に、向き不向きを自分に向き合い正直に考えることが重要です。

コンサル業界と言っても幅とレベルに差があるので、以下ではマッキンゼー、ベイン、BCGのMBBについて論じます。

まず第一に、基本的な情報処理能力が高くないと、かなりハンディキャップを負いながらの競争になるので、「自分はまじ、理解が遅く、記憶不能で、情報を取り出す能力も疑問」という自信があるなら、憧れと本職を明確に分ける判断が重要でしょう。

第二に、ずばり責任感のある人です。これはどの...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける